現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


化学療法中に血清G-CSF異常高値を伴う出血性小腸転移を来した原発性肺癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10702_13
著者:
笹田 伸介、右近 圭、佐藤 幸雄、奥崎 健
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.24MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Metastatic Small Intestinal Tumor from Primary Lung Cancer with Hemorrhage and a High G-CSF Serum Level

Summary
 A 83-year-old man presented at our hospital with hemosputum, and Stage ⅢB(T4N3M0)lung cancer was diagnosed after thorough examinations. Although systemic chemotherapy was performed and kept the disease stable, anemia progressed. The fecal occult blood was recognized, and the enhanced abdominal CT scan revealed a 8 cm enhanced small intestinal tumor. Laboratory data indicated the presence of an inflammatory reaction(WBC 17,970/mm3, CRP 1.38 mg/dL), and the serum granulocyte-colony stimulating factor(G-CSF)was elevated(104.0 pg/mL). A small intestinal tumor with hemorrhage and G-CSF production was diagnosed, and laparoscopy-assisted partial resection of the small intestine was performed. On histopathologic and immunohistochemical findings, the intestinal tumor was diagnosed as a small bowel metastasis originating from a primary lung cancer. After surgery, anemia progression stopped and WBC kept at a normal range. Although systemic chemotherapy was resumed because of performance status improvement, the disease progressed gradually. The patient received best supportive care and died about 9 months after the diagnosis of small bowel metastasis.

要旨
 症例は83歳,男性。2008年5月より血痰が出現し,精査にて右肺癌(T4N3M0,Stage ⅢB)と診断した。vinorelbine療法を開始したが,効果判定PDであったためUFT療法およびweekly paclitaxel療法を継続した。効果判定SDで経過していたが,2010年5月から貧血が進行した。便潜血陽性であり,CT検査で小腸腫瘍を認めた。血液検査では白血球増多,G-CSF高値を認め,G-CSF産生を伴う小腸腫瘍による消化管出血を疑い手術を施行した。近位空腸に出血を伴う8 cm大の腫瘍を認め,腹腔鏡補助下小腸部分切除術を施行した。病理組織学的所見は低分化型腺癌の像を呈し,免疫組織化学染色ではthyroid transcription factor-1(TTF-1)およびcytokeratin 7(CK7)が陽性を示しており,肺腺癌の小腸転移と診断した。術後は貧血の進行なく白血球数も正常範囲内で経過し,化学療法を再開した。その後,腫瘍は徐々に増大し,2011年になり再び貧血および白血球増多が進行したため緩和ケアに移行し,小腸転移診断から9か月後に死亡した。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻6号 2013年6月号トップへ

【症例】
▶化学療法中に血清G-CSF異常高値を伴う出血性小腸転移を来した原発性肺癌の1例…笹田 伸介ほか
このページの先頭へ