現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


S-1単剤治療が奏効したPemetrexed抵抗性肺癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10703_13
著者:
小山田吉孝、前島 新史、竹内 健、加藤 良一
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.38MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Lung Cancer Resistant to Pemetrexed Responding to S-1 Monotherapy

Summary
 Pemetrexed(PEM)and S-1 are both cytotoxic anti-tumor drugs that target thymidylate synthase(TS). Here, we report a case of lung cancer resistant to PEM, but responsive to S-1 monotherapy. A 50-year-old male with lung cancer(adenocarcinoma, EGFR mutation negative)at StageⅢB(T4N2M0)received PEM as third-line chemotherapy. However, metastatic mediastinal lymph nodes were increased in size. A switch to gemcitabine(GEM)resulted in further enlargement of the nodes and elevation of the serum CEA level. Introduction of S-1 monotherapy(120 mg/body/day divided into two doses, 4-week administration every 6 weeks, 6 courses)reduced the size of the nodes and serum CEA was normalized. Although S-1 as well as PEM, target TS, the mechanisms in these two drugs that lead to resistance are not the same. Furthermore, S-1 induces dysfunction of RNA through the generation of fluoro-uridine monophosphate(FUMP). We conclude that S-1 can be a drug of choice, even in cases that show resistance to PEM.

要旨
 pemetrexed(PEM)とS-1は,ともにthymidylate synthase(TS)を標的とする殺細胞性抗腫瘍薬である。今回われわれは,PEM抵抗性ながらもS-1単剤治療が奏効した肺癌の1例を経験したので報告する。症例は50歳台,男性。StageⅢB(T4N2M0)の原発性肺癌(腺癌,EGFR遺伝子変異陰性)に対する三次治療としてPEMを用いたところ,縦隔の転移リンパ節が増大した。GEMに変更したが,転移リンパ節がさらに増大し血清CEAが増加したため,S-1単剤による治療(120 mg/body/日 分2: 4週間投薬,2週間休薬)を導入した。6コースの治療により,リンパ節が縮小しCEAは正常化した。S-1はPEM同様,TSを標的としているが,腫瘍細胞が耐性を示す機序は同一ではない。また,S-1はfluoro-uridine monophosphate(FUMP)を介したRNAの機能阻害作用も有するため,PEM抵抗性となった場合でも有効な選択肢であり得ると考えられる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻6号 2013年6月号トップへ

【症例】
▶S-1単剤治療が奏効したPemetrexed抵抗性肺癌の1例…小山田吉孝ほか
このページの先頭へ