現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


急激な経過をとったG-CSF産生胃腺扁平上皮癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10707_13
著者:
齋藤 裕人 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.23MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Gastric Adenosquamous Carcinoma Producing Granulocyte-Colony Stimulating Factor

Summary
 We report a case of gastric adenosquamous carcinoma producing granulocyte-colony stimulating factor(G-CSF). A 60-year-old man was admitted to our hospital complaining of upper abdominal pain. Endoscopic examination revealed a large type 5 advanced gastric cancer with bleeding from the low body of stomach to the antrum, accompanied with para-aortic and mesenteric lymph node metastasis. He had marked leukocytosis, and serum levels of G-CSF were elevated. Histological diagnosis of the biopsy specimen was adenosquamous carcinoma producing G-CSF. We attempted combination chemotherapy with docetaxel, cisplatin and S-1(DCS). After 1 course of treatment, the primary lesion was reduced in size. However, the size of the metastatic lymph node was larger. Chemotherapy was not effective enough, and the patient died 3 months after ending chemotherapy.

要旨
 症例は60歳,男性。上腹部痛を主訴に受診。上部消化管内視鏡で胃体下部から前庭部の小弯後壁に易出血性の5型胃癌を認め,画像所見で傍大動脈・腸間膜リンパ節転移を認めた。生検にて腺癌成分と扁平上皮癌成分の混在を認めた。来院時より白血球数が著明に増多し,血清G-CSF高値,生検組織の免疫組織染色で腫瘍組織のG-CSF発現を認めた。以上よりG-CSF産生胃腺扁平上皮癌と診断し,化学療法[DCS(docetaxel/cisplatin/S-1併用)療法]を1コース行ったところ原発巣の縮小を認めたが,転移リンパ節の増大を認めた。急激な病状悪化により3か月の経過で死亡した。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻6号 2013年6月号トップへ

【症例】
▶急激な経過をとったG-CSF産生胃腺扁平上皮癌の1例…齋藤 裕人ほか
このページの先頭へ