現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


小児固形がんの臨床

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10717_13
著者:
越永 従道、大橋 研介、杉藤 公信、池田 太郎
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
8ペ-ジ
ファイル容量:
1.12MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Clinical Features of Solid Malignant Tumors in Childhood

Summary
 The pathogenesis of pediatric malignant tumors is associated with congenital abnormalities. Oncogenes and antioncogenes are identified in some of these cases.
 Neuroblastoma arises from the adrenal medulla and sympathetic ganglia. Most neuroblastomas produce catecholamine. Urinary vanillylmandelic acid(VMA)and homovanillic acid(HVA), metabolites of catecholamine, are sensitive tumor markers. Risk stratification according to tumor stage and a combination of prognostic factors helps determine the appropriate therapeutic strategy in clinical settings.
 Nephroblastoma(Wilms tumor)is the most common pediatric renal tumor and is often accompanied by congenital anomalies. Surgical resection of the tumor and the involved kidney is the initial treatment recommendation in the US and Japan. Consecutive chemotherapy and radiotherapy are administered after surgical staging and a definite histopathological diagnosis. Prognosis is relatively good for most nephroblastoma cases with a favorable histology. In addition to nephroblastoma, clear cell sarcoma of the kidney, characterized by a tendency to metastasize to the bone, is a renal tumor with poor prognosis. Rhabdoid tumor of the kidney is another tumor type; however, its pathogenesis is still unknown and it is associated with extremely poor prognosis because of the lack of effective therapeutic measures.
 Hepatoblastoma is the most common malignant liver tumor. The serum alpha-fetoprotein level is the most effective tumor marker. Complete surgical resection of the involved liver lobe is the definitive approach for cure. Preoperative chemotherapy increases the possibility of complete surgical resection. High-risk patients have a poor prognosis.

要旨
 小児がんの発生は,先天異常と関連しており,いくつかの小児がんに関連する癌遺伝子や癌抑制遺伝子が明らかとなっている。
 神経芽腫は副腎髄質および交感神経節に発生する。神経芽腫の多くはカテコラミンを産生し,その尿中代謝産物であるバニリルマンデル酸(VMA)とホモバニリン酸(HVA)は腫瘍マーカーとして利用されている。病期分類と予後因子を組み合わせたリスク分類により治療方針を決定している。高リスク群の生存率は依然不良である。
 小児腎腫瘍のうち,最も頻度の多いのが腎芽腫(Wilms腫瘍)である。先天性の合併奇形が多い。米国やわが国では腎摘出術により病理組織診断を確定し,その後適切な化学療法,放射線治療を行う。腎芽腫の予後は比較的良好である。腎明細胞肉腫は骨転移傾向を有する予後不良の腎腫瘍で,腎芽腫とは別の肉腫様の非上皮性の腫瘍である。腎横紋筋肉腫様(腎ラブドイド)腫瘍の起源は不詳で,有効な治療法が確立されておらず,予後は極めて不良である。
 小児の肝悪性腫瘍の多くは肝芽腫である。腫瘍マーカーとして血清α-fetoprotein上昇が特徴的である。外科的完全切除が最も有効な治療法である。術前化学療法により完全切除率の可能性が高くなる。高リスク群の生存率は不良である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻7号 2013年7月号トップへ

【総説】

▶小児固形がんの臨床 越永 従道ほか

このページの先頭へ