現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


The Clinical Benefit of High-Dose Toremifene for Metastatic Breast Cancer

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10728_13
著者:
Kenta Koike ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
0.87MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

The Clinical Benefit of High-Dose Toremifene for Metastatic Breast Cancer

Summary
 Introduction: Toremifene(TOR)is a selective estrogen receptor modulator(SERM). A high dose of 120 mg TOR(HD-TOR)has been used for recurrent breast cancer in Japan, but there is still insufficient evidence regarding the efficacy of HD-TOR. Patients and methods: HD-TOR was administered for recurrent or metastatic breast cancer between January 2003 and May 2012. The primary end point of the study was the tumor response rate. Bone metastasis cases were excluded from the efficacy analysis, but were included in the safety population. Results: A total of 21 patients registered in the study and the 2 patients with bone metastasis only were excluded from the efficacy analysis. The median follow-up period was 8.3 months. None of the patients in the study had a CR, 4 had a PR(21.1%), 9 had SD(47.4%), and 6 had PD(31.6%). Eight of the 9 SD cases had a long-term SD. The ORR was 21.1% and the CB rate was 63.2%. The median TTP of CB cases was 18.3 months. None of the patients discontinued treatment because of a grade 3 or grade 4 adverse effects. Conclusion: In summary, the current study showed that HD-TOR may lead to a CB for recurrent breast cancer in first- or second-line treatment rather than third-line. In particular, HD-TOR may give a benefit in highly endocrine-sensitive cases.

要旨
 トレミフェンはselective estrogen receptor modulator(SERM)の1種で,高用量トレミフェン(HD-TOR)は再発・転移性乳癌に投与できるが,その効果についてはエビデンスが少ない。対象・方法: 2003~2012年の間にHD-TORを投与した再発・転移性乳癌21例に対し奏効率,有害事象をretrospectiveに検討した。骨転移のみの症例は効果判定からは除外し,有害事象でのみ検討した。結果: 追跡期間は8.3か月で,骨転移のみを除外した19例での奏効率はCR 0%,PR 21.1%で臨床有用性は63.2%であった。グレード3以上の有害事象は認めなかった。結論: HD-TORは再発・転移性乳癌に対し第1,2選択で投与した場合は第3選択以降より臨床的有用であった。特に高度内分泌反応性症例に対し有効であった。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻7号 2013年7月号トップへ

【原著】

▶The Clinical Benefit of High-Dose Toremifene for Metastatic Breast Cancer 小池 健太ほか

このページの先頭へ