現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


原発性腹膜癌15例の臨床的検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10730_13
著者:
谷口 義実、古澤 啓子、名古ゆり恵、森 繭代、喜納 奈緒、尾崎 喜一、水谷 勝美、八杉 利治
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
0.95MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Primary Peritoneal Carcinoma―A Clinicopathological Study of 15 Cases

Summary
 This is a retrospective study of fifteen cases of primary peritoneal carcinoma who were treated between 2001 and 2010 in our hospital. The median age at the time of diagnosis was 63 years(range, 40 to 79 years). Three patients had clinical stageⅡ disease, eleven patients had stageⅢ disease, and one patient was unstaged. The serum CA125 values at pretreatment were elevated in all patients, with a median value of 4,144.8 U/mL(range, 102.8 to 23,611.0 U/mL). Optimal debulking was possible in 9 of the 15 patients. All patients were treated with paclitaxel and carboplatin chemotherapy during the preoperative and/or postoperative period. All patients at stageⅡ disease were alive without evidence of disease at the time of evaluation(2 patients>5 years, 1 patient>3 years). Four patients with stageⅢ disease had died from the disease less than 3 years after the first treatment. The results of our study showed poor survival for the group with stageⅢ disease, but good survival for the group with stageⅡ disease.

要旨
 2001~2010年までに当科で経験した原発性腹膜癌に関して,組織型,進行期およびその治療法と予後について検討を行った。進行期別ではⅡ期3例,Ⅲ期11例,不明1例だった。全症例でCA125が上昇していた。化学療法は全例でパクリタキセルとカルボプラチンを併用したTC療法を第一選択として実施した。Ⅱ期3例中2例は5年以上再発を認めず,残り1例も3年以上経過した現在まで再発徴候を認めていない。転帰不明の1例を除いたⅢ期10例中4例は治療開始後3年未満で原病死している。今回の検討で,Ⅲ期の予後は依然不良であるが,Ⅱ期の予後は良好である可能性が示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻7号 2013年7月号トップへ

【原著】

▶原発性腹膜癌15例の臨床的検討 谷口 義実ほか

このページの先頭へ