現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


ドセタキセル静注用製剤ワンタキソテール®点滴静注からの脱アルコール化注射剤の調製とラットにおける体内動態の検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10731_13
著者:
大西克浩、築山郁人、加藤美紀、上山純、安部文江、斎藤寛子、松浦克彦、長谷川高明、灘井雅行
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
1.09MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Preparation of Dealcholized Onetaxotere®, Docetaxel Injection Formulation and Its Pharmacokinetics in Rats

Summary
 Onetaxotere®(OTAX)injection, which is a docetaxel(DOC)injection formulation, cannot be administered to those patients with alcohol intolerance or hypersensitivity, because it contains ethanol as a dissolving agent. To broaden treatment options for those patients, we tried to eliminate ethanol from OTAX injection. Under sterile conditions, dealcoholization was carried out using nitrogen gas in a hot water bath at 50℃. By this method, the ethanol included in OTAX injection was almost completely removed and DOC in the formulation was stable for 28 days. When the dealcoholized or untreated OTAX injection was intravenously injected in rats, no significant differences in the pharmacokinetic parameters of DOC were observed between those with dealcoholized and untreated OTAX injections. It is expected that dealcoholized OTAX may be useful in patients with alcohol-related difficulties.

要旨
 ドセタキセル(DOC)の点滴静注用製剤であるワンタキソテール®点滴静注(OTAX)には,溶解補助剤の一つとしてアルコールが含有されている。このため,OTAXはアルコール不耐性や過敏症を示す患者には使用することができない。本研究では50℃の湯浴中においてOTAXのバイアル内のアルコールを窒素ガス気流により留去することで,脱アルコール化DOC注射剤の調製を試みた。その結果,アルコールを無菌的にほぼ完全に留去でき,また脱アルコール化製剤中のDOCは28日間安定であった。調製した脱アルコール化注射剤をラットに静脈内投与した後のDOC体内動態は,未処理のOTAX投与時と一致した。これらの知見から,本研究で調製した脱アルコール化DOC注射剤はアルコール不耐性を示す患者にもOTAXと同等に使用できる可能性が示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻7号 2013年7月号トップへ

【原著】

▶ドセタキセル静注用製剤ワンタキソテール®点滴静注からの脱アルコール化注射剤の調製とラットにおける体内動態の検討 大西 克浩ほか

このページの先頭へ