現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Cetuximab投与時のマグネシウム早期投与の有効性における後視的検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10732_13
著者:
出水睦子、上田宏、大澤万智子、千原里美、五十嵐努、矢野啓子、木村文彦、田中伸生、平塚正弘
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
0.97MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Effect of Magnesium Supplementation on Early-Stage Hypomagnesemia in Patients Treated with Cetuximab

Summary
 Cetuximab is a monoclonal antibody that binds to the EGFR, and is used in patients with colorectal cancer. The most common toxicities associated with the use of cetuximab are rash and hypomagnesemia. Hypomagnesemia is a major adverse event, but it has often been ignored in past studies and its management has not been characterized. The aim of this study was to obtain a better understanding of the overall incidence of hypomagnesemia and to evaluate the usefulness of our original treatment guidelines for hypomagnesemia in patients receiving cetuximab-based therapy. We investigated 15 patients who were treated with cetuximab(with or without combined chemotherapy)between October 2008 and November 2010. Thirteen patients developed hypomagnesemia: 11 patients had Grade 1, one patient had Grade 2, and one patient had severe hypomagnesemia(Grade 3). Grade 1 hypomagnesemia was observed after an average of 7.5±4.8 weeks of treatment. None of the patients developed Grade 2 or higher hypomagnesemia after the implementation of our treatment guidelines. In conclusion, cetuximab treatment is associated with a significant risk of hypomagnesemia. The early monitoring and effective management of hypomagnesemia are important for patients receiving cetuximab-based therapy.

要旨
 進行・再発の結腸・直腸癌患者へのcetuximab投与における有害事象として,低Mg血症が高頻度に認められる。従来,低Mg血症に対する予防法はなく,重症の低Mg血症が発症すると治療の中止を余儀なくされる。今回,cetuximabを投与した進行・再発の結腸・直腸癌患者を対象に,低Mg血症の頻度と発症時期を検討した。また低Mg血症に対して早期より予防的にMg製剤を投与する院内マニュアルを策定し,その有用性を検討した。2008年10月~2010年11月にcetuximabを投与した15症例を対象に調査を行った。低Mg血症(Grade 1)の発現時期は平均7.5±4.8週であり,血清Mg値の低下がみられた患者は15例中13例と高頻度に認められた。重症度別では,Grade 1が11例,Grade 2が1例,Grade 3が1例であった。なお2009年11月の院内マニュアル策定以降は,Grade 2以上の低Mg血症は認められなかった。以上より,低Mg血症は高頻度に認められること,また定期的な血清Mg値の測定ならびに早期のMg製剤補充により低Mg血症の重症化を回避する可能性が示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻7号 2013年7月号トップへ

【薬事調査】

▶Cetuximab投与時のマグネシウム早期投与の有効性における後視的検討 出水 睦子ほか

このページの先頭へ