現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


経口分子標的薬治療における薬剤師外来有用性の検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10733_13
著者:
四十物由香、根本 昌彦、佐藤 渉、齋藤 祥子、青山 芳文、城向富由子、丸山 常彦、鴨志田敏郎
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.78MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Examination of the Usefulness of the Pharmacists' Outpatient Clinic for Treatment with Oral Molecule-Targeting Drugs

Summary
 Background: In the author's hospital, pharmacists' outpatient clinics were initiated in April 2010, and the department of breast surgery there has provided guidance on oral anti-cancer medication, but with difficulty in adopting proposals for supportive therapy made after the doctor's consultation on the same day. Under such circumstances, this study examined methods for conducting interviews with patients before the doctor's consultation in cases where oral molecular-targeted drugs are necessary. Objective: To promote next-generation skill-mix team medicine in order to improve the continuity of treatment and optimize therapeutic effects. Methods: Patients being treated with oral molecular-targeted drugs in Hitachi General Hospital were studied. Intervention: Outcomes were assessed through medication-monitoring reports, while conducting a questionnaire regarding duties of pharmacists coordinating molecular-targeted drugs. Results: Within the study period, 245/259(94.6%)of proposals for prescriptions were adopted in 95 patients, among which 212/245(86.5%)proposed supportive therapy. Improvement in conditions was observed in all patients treated with supportive therapy. The mean duration of sorafenib administration among 19 patients before and after the pharmacist's intervention was 66±20.3 and 102±30.8 days, respectively. The main reason for the need of pharmacists coordinating molecular-targeted drugs was: “security”among all patients; “support for adverse event management”among all doctors; and“proposals for prescription”among all nurses. Discussion: The mean duration of sorafenib administration prolonged by the pharmacist's intervention and consequent reduction in side effects may have directly improved the continuity of treatment. Furthermore, when reflecting on each prescription, the pharmacist's expertise may have facilitated pharmacological intervention. In the future, it may also be necessary to promote pharmacist-led consultations supporting patients' informed choice of drugs.

要旨
 目的: 当院では2010年4月より薬剤師外来を開設し,経口抗がん剤の服薬指導を行ってきた。医師診察後の面談では,薬剤適正使用に関してタイムリーな反映が困難であった。今回,経口分子標的薬治療において医師診察前に患者面談を行う方法を導入し,有効性を検討した。方法: 日立総合病院において経口分子標的薬を服用中の患者95人を対象として,服薬モニタリングレポートを使用し有効性を検討した。さらに,分子標的薬をコーディネートする薬剤師の業務についてアンケート調査を患者および医療者を対象に行った。結果: 薬剤師が医師へ処方を提案し,245/259件(94.6%)が採択された。そのうち,支持療法の反映は212/245件(86.5%)であった。支持療法を施行した患者はすべて症状が改善した。また,当院でのソラフェニブ使用患者(19人)の平均投与日数比較は,薬剤師介入前66±20.3日であり,介入後102±30.8日であった。さらにアンケート結果より,分子標的薬コーディネータ薬剤師が必要であるいちばんの理由は,患者は「安心感」,医師は「有害事象支援」,看護師は「処方提案」で100%であった。考察: ソラフェニブにおいて薬剤師介入前は,患者自己判断や重篤な有害事象による中止が各3例ずつあったが,介入後は1例もない。さらに平均投与日数が延長されたことは,薬剤師による患者アドヒアランスのサポートと薬剤適正使用を推進することが副作用回避に直結する一因と考えられた。処方反映は薬学的介入により専門性を発揮できたと思われた。今後は,患者の治療薬選択をサポートする業務を展開したい。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻7号 2013年7月号トップへ

【薬事】

▶経口分子標的薬治療における薬剤師外来有用性の検討 四十物由香ほか

このページの先頭へ