現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


非小細胞肺癌外来化学療法患者のQOLに対する補中益気湯の効果

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10736_13
著者:
石浦 嘉久 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.03MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Effect of Japanese Traditional Medicine, TJ-41, on Quality of Life of Patients with Non-Small Cell Lung Cancer Receiving Outpatient Chemotherapy

Summary
 An increasing number of patients with lung cancer are undergoing outpatient chemotherapy. It is very important to maintain good quality of life(QOL)for these patients, and Japanese traditional medicine, TJ-41, has been reported to improve the QOL of patients with advanced cancer. However, the effect of TJ-41 on patients with lung cancer undergoing outpatient chemotherapy is unknown. Therefore, we conducted this study. To investigate the factors influencing the QOL of these patients, we distributed a QOL questionaire,“The QOL Questionnaire for Cancer Patients Treated with Anticancer Drugs”(QOL-ACD)to 11 patients with non-small cell lung cancer. The medical factors related to the overall QOL scores and other categories, indicating“activity”,“physical condition”,“psychological condition”,“social relationships”,“psychological condition”and“face scale”were analyzed. A significant decrease in each of the factors was not observed in this study.

要旨
 癌薬物療法の進歩により,化学療法の外来への移行が進んでいる。生活の質(quality of life: QOL)の維持が必要であり,近年その支持療法としての漢方薬の有効性が注目されている。外来化学療法施行中の非小細胞肺癌に対する補中益気湯の併用効果をQOLの観点から客観的に測定し因子解析を行うことを目的として本臨床研究を行った。PS 0~1の高齢非小細胞肺癌患者11名(53~90歳,平均72.5歳)に対して補中益気湯を投与し,その前後でのQOL変化を厚生労働省栗原班「がん薬物療法におけるQOL調査票」を用いて検討した。overall QOL scoreおよび各因子いずれも低下することなく入院から外来への移行が可能であることが明らかとなり,補中益気湯の非小細胞肺癌患者の外来化学療法における有用性がQOLの観点から示された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻7号 2013年7月号トップへ

【症例】

▶非小細胞肺癌外来化学療法患者のQOLに対する補中益気湯の効果 石浦 嘉久ほか

このページの先頭へ