現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


経動脈的抗癌剤動注-塞栓療法(TACE)により著明な腫瘍縮小効果を確認した腎機能障害を伴う高齢者肺扁平上皮癌の1症例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10737_13
著者:
國定 慶太、石川 秀雄、高藤 淳、小牟田 清
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.09MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of a 91-Year-Old Patient with Advanced Squamous Cell Lung Cancer Complicated with Renal Dysfunction Successfully Treated with Trans-Arterial Chemo-Embolization

Summary
 In 2009, a 91-year-old man with renal dysfunction was detected with a small nodule in the left pulmonary field. The nodule was found to have gradually increased in size by April, 2010. A trans-bronchial lung biopsy(TBLB)and computed tomography(CT)revealed squamous cell lung cancer and stage Ⅳ (a tumor was found on the right side as well), respectively. Systemic chemotherapy was not administered because of the advanced age of the patient and mild renal dysfunction. We obtained informed consent from the patient and his family before trans-arterial chemo-embolization(TACE)was performed. No side effects were observed either during or after treatment. Although his visits to our hospital stopped, he sought treatment for a cold 8 months after TACE. CT showed 87% shrinkage of the tumor shadow. This method could be a new therapeutic option for non-small cell lung cancer with little side effects, particularly in older patients or those with pulmonary complications.

要旨 症例は腎障害合併の91歳,男性。2009年に左肺野に小腫瘤影を指摘されたが放置。腫瘤は徐々に増大し2010年4月にTBLBとCTから肺扁平上皮癌で,病期は右肺腫瘍の存在からstage Ⅳ期と診断した。全身化学療法は高齢で軽度腎障害がみられることから施行せず。われわれは,同意を得た後に抗癌剤量が少ない経動脈的抗癌剤動注-塞栓療法(TACE)を施行したが治療中やその後において副作用は観察されなかった。患者は通院しなくなったものの8か月後に感冒治療にて来院され,その際のCTで腫瘍は87%縮小していた。この方法は,高齢者や肺合併症を有する非小細胞肺癌症例に対し副作用の少ない新しい治療法となるかもしれない。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻7号 2013年7月号トップへ

【症例】

▶経動脈的抗癌剤動注-塞栓療法(TACE)により著明な腫瘍縮小効果を確認した腎機能障害を伴う高齢者肺扁平上皮癌の1症例 國定 慶太ほか

このページの先頭へ