現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


CPT-11+CDDP併用療法が著効を示した胃癌術後再発の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10740_13
著者:
吉本 勝博、齋藤 裕人、宗本 将義、角谷 直孝、村田 修一
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.61MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Recurrence after Resection of Gastric Cancer Successfully Treated by Combination Chemotherapy with CPT-11 and CDDP

Summary
 A 62-year-old man received total gastrectomy and splenectomy for gastric cancer in April 2008. The pathological diagnosis was stage ⅢA(pT3N2M0). After the surgery, he was treated with oral administration of S-1 as postoperative adjuvant chemotherapy, but stopped after five months because of a drug eruption and general fatigue. He visited our hospital with complaints of abdominal pain and appetite loss in January 2010. Tumor marker(CEA)was elevated, and he was diagnosed as local recurrence with metastasis to the mediastinal/Virchow lymph node and thoracic vertebra after several examinations. He started to undergo combination chemotherapy with CPT-11 and CDDP. After three courses of treatment, local recurrence had almost disappeared and CEA level was normalized. After five courses of treatment, FDG-PET showed that all recurrent tumors had decreased in size and FDG uptake. We finished this combination chemotherapy after ten courses. After the treatment, PET-CT detected a slowly-growing right lung tumor. He received S6 segmentectomy of the right lung in May 2012. The pathological diagnosis was squamous cell carcinoma, and he was diagnosed as primary lung cancer(pT1aN0M0, stage ⅠA). He was followed without showing any recurrence of gastric cancer in October 2012.

要旨
 症例は62歳,男性。2008年4月,胃癌に対し胃全摘+脾摘術(D2,Roux-en-Y再建)施行,(pT3N2M0,stage ⅢA)。術後S-1による補助化学療法を行うも薬疹,全身倦怠感のため5か月で中止。2010年1月,腹痛,食欲不振にて当科受診。CEAの上昇を認め,諸検査の結果,局所再発,縦隔/Virchowリンパ節転移,胸椎転移と診断され,CPT-11+CDDP併用療法が開始となった。3コース終了後,局所再発巣はほぼ消失し,CEAは正常化した。5コース終了後のPETでは,すべての病巣で縮小とFDGの集積消失を認めた。10コース施行し化学療法を中止とした。経過観察中のPET-CTにて右肺腫瘤が出現し徐々に増大傾向を認めたため,2012年5月,右肺S6区域切除術が施行された。病理結果では扁平上皮癌であり,原発性肺癌(pT1aN0M0,stage ⅠA)と診断された。胃癌に関しては,再発から2年9か月経過した現在も再発を認めていない。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻7号 2013年7月号トップへ

【症例】

▶CPT-11+CDDP併用療法が著効を示した胃癌術後再発の1例 吉本 勝博ほか

このページの先頭へ