現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


術前イマチニブ投与にて切除可能となった巨大直腸GISTの1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10742_13
著者:
左雨 元樹、小林 祐介、菅野 英和、岩館 学、鈴木 聡、遠藤 良幸、中村 泉、大木 進司、竹之下誠一
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
3.38MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of a Giant Rectal Gastrointestinal Stromal Tumor Radically Resectable after Treatment with Neoadjuvant Imatinib Mesylate

Summary
 A 64-year-old male patient was diagnosed with rectal gastrointestinal stromal tumor(GIST)by prostate biopsy, because of high PSA. We considered that a radical operation was impossible because the tumor occupied the pelvis, and we suspected prostate invasion. After neoadjuvant chemotherapy(imatinib mesylate 400 mg/day), the tumor size was reduced(90×85 mm→60×50 mm), and we could thus perform radical resection. The patient is currently receiving adjuvant chemotherapy(imatinib mesylate 400 mg/day), without recurrence.

要旨
 直腸に発生するGISTは消化管原発GISTの約5%といわれているが,自覚症状に乏しく,巨大な腫瘍で発見される症例も少なくない。進行GISTに対する術前イマチニブ投与の第Ⅱ相試験(RTOG S-0132)において比較的良好な長期成績が報告されたものの,術後の補助療法などについては未だ確立していない。今回われわれは,イマチニブを術前投与し切除可能となった巨大直腸GISTを経験したので報告する。症例は64歳,男性。検診でPSAが高値であり,精査したところ前立腺に浸潤する直腸GISTと診断された。骨盤腔を占める巨大なGISTであり,sizeと周囲臓器への浸潤を考慮し術前化学療法を施行した。画像上,90×85 mm→60×50 mmと腫瘍縮小効果を認め(RECISTガイドライン: 縮小率33%),治療効果はPRであった。切除可能と考え,骨盤内臓全摘術を施行した。術後もイマチニブ(400 mg/日)を継続し,現在術後8か月を経過して再発は認めていない。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻7号 2013年7月号トップへ

【症例】

▶術前イマチニブ投与にて切除可能となった巨大直腸GISTの1例 左雨 元樹ほか

このページの先頭へ