現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Bevacizumab併用化学療法中に二度の消化管穿孔を発症した直腸癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10743_13
著者:
佐田友 藍、鯉沼 広治、三木 厚、堀江 久永、安田 是和
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.51MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Metachronous Gastrointestinal Perforation of a Patient with Metastatic Rectal Cancer during Treatment with Bevacizumab-Based Chemotherapy

Summary
 A 64-year-old man received mFOLFOX6+bevacizumab chemotherapy for metastatic lung cancer after rectal cancer resection(StageⅣ). After 28 courses, he had an abdominal pain with fever, and computed tomography showed pelvic abscess with stercolith of appendix. He was diagnosed as acute appendicitis with intra-abdominal abscess, and emergency appendectomy with drainage was performed. Two days after the operation, he was suspected to have a sutural leakage as was suggested from the properties of his drainage, therefore re-operation was performed. A small hole of the ileum, about 2 mm in diameter, was observed. The margin of the hole showed neither inflammatory nor neoplastic change, and a suturing closure of the hole was performed. The post-operative course was uneventful. Histopathological findings of the resected appendix suggested that the perforation was caused by necrosis of metastatic cancer cells penetrating the appendiceal wall. This is a case of a bevacizumab-related metachronous perforation that occurred in different gastrointestinal origins within a very short term.

要旨
 症例は64歳の男性。直腸癌,腹膜播種,肺転移に対して低位前方切除術を施行後mFOLFOX6+bevacizumab(BV)療法を導入した。28コース目のBV投与26日目に腹痛,発熱が出現,CT検査で骨盤内膿瘍とfree air,虫垂内の石灰化を認め緊急手術を施行した。虫垂穿孔による膿瘍形成を認め虫垂切除・膿瘍ドレナージ術を施行した。術後2日目に骨盤内留置ドレーンより腸液の流出を認め,再手術を行ったところ回腸穿孔を認めた。穿孔部は境界明瞭な円形であり,播種など腫瘍性変化は認めず,単純閉鎖術を行った。再手術後は経過良好で,初回術後19日で退院した。虫垂の病理学的所見は直腸癌播種の腫瘍崩壊による穿孔を示唆していた。消化管穿孔はBVの重篤な副作用の一つである。本症例では短期間に二度,異なる部位に消化管穿孔を認め貴重な症例と考え報告する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻7号 2013年7月号トップへ

【症例】

▶Bevacizumab併用化学療法中に二度の消化管穿孔を発症した直腸癌の1例 佐田友 藍ほか

このページの先頭へ