現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


腹膜播種を伴う高度進行直腸印環細胞癌に対して腹腔鏡下切除を行い術後化学療法が著効した1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10745_13
著者:
濱野 玄弥、池辺 孝、眞弓 勝志、竹村 雅至、堀 高明、西岡 孝芳
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.00MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Successful Treatment of a Patient Using mFOLFOX6 after Laparoscopic Surgery for Rectal Cancer with Peritoneal Dissemination

Summary
 A 58-year-old man underwent laparoscopic surgery for rectal cancer(rectal sigmoid)complicated by intestinal obstruction. He had no liver metastasis. Although many nodules suspected to have arisen from peritoneal dissemination were observed in the pelvic cavity, we performed anterior resection assuming that the primary lesion was resectable. The surgical findings were sSE, sN2, sP3, sStage Ⅳ, and histopathological findings were signet-ring cell carcinoma, pSE, pN2, pP+, pStage Ⅳ. After 8 courses of adjuvant chemotherapy with modified 5-fluorouracil/Leucovorin/oxaliplatin(mFOLFOX6), carcinoembryonic antigen(CEA)decreased to a normal level, and positron emission tomography-computed tomography(PET-CT)showed no abnormal accumulation that suggested metastasis. To evaluate the effectiveness of this procedure, laparoscopic peritoneal biopsy was performed 5 months after surgery, revealing histopathological disappearance of the peritoneal dissemination lesion. The patient has been followed up and has been receiving S-1 for 1 year after the first surgery. No evidence of recurrence has been observed.

要旨
 症例は58歳,男性。腸閉塞を伴う直腸癌(RS)に対して腹腔鏡下に手術を行った。肝転移はなく,骨盤腔内に腹膜播種を疑う多数の結節を認めたが,主病巣は切除可能と判断し前方切除術を施行した。手術所見はsSE,sN2,sP3,sStage Ⅳで,病理組織学的にはsignet-ring cell carcinoma,pSE,pN2,pP+,pStageⅣであった。術後補助化学療法としてmFOLFOX6療法を計8コース施行したところCEAは正常化し,PET-CTでも転移を疑う異常集積を認めなかった。効果判定のため術5か月後に腹腔鏡下腹膜生検術を施行し,病理組織学的に腹膜播種病巣の消失を認めた。現在初回手術後1年が経過し,S-1投与にて経過観察中であるが再発を認めていない。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻7号 2013年7月号トップへ

【症例】

▶腹膜播種を伴う高度進行直腸印環細胞癌に対して腹腔鏡下切除を行い術後化学療法が著効した1例 濱野 玄弥ほか

このページの先頭へ