現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


パクリタキセル注NKとタキソール®注射液の安全性の比較検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10747_13
著者:
山本 大悟、坪田 優、末岡 憲子、横井 崇、井上健太郎、大平真須美、村中 達也
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
0.97MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Comparison of a Safety Evaluation between Paclitaxel Injection NK and Taxol®

Summary
 Paclitaxel injection NK(NK)is a generic product containing the same amount of ingredients as a Taxol® Injection. We examined the safety of NK in clinical practice compared to the original drug. Our results suggested that for the cancer patient, most safety profiles between NK and the original drug are similar. However, patients who received Taxol® Injection had significantly more grade 2 neuropathy compared to those who received NK(p<0.01).


要旨
 わが国では年々医療費が増大しており,患者負担の軽減および医療保険財政の改善を目的として後発医薬品(以下,後発品)の利用が推進されている。しかし,後発品に対する臨床試験は行われていないことから有効性や安全性の問題が指摘されているため,後発品での安全性の確立には臨床効果や有害事象発現状況を調査する必要がある。タキソールはがん治療レジメンのキードラッグである。そのため,先発品と後発品での有害事象発現の差異が治療に影響する可能性が考えられることから,タキソール後発品の安全性を検討する必要がある。本検討では,乳がん,胃がん,肺がんでの後発品パクリタキセル注NKと先発品タキソール®注射液タキソールとの有害事象発現状況の実態調査,特に神経障害について検討を行った。有害事象発現について比較検討した結果,しびれの項目でgrade 1副作用は後発品群に多く発現していたが,grade 2は先発品に多く発現していた。また,両群で減量および中止された割合に有意な差を認めなかった。以上のことから,タキソール先発品と後発品での有害事象発現,特に重篤な副作用はなく,臨床上先発品と同様に使用できるものと示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻7号 2013年7月号トップへ

【症例】

▶パクリタキセル注NKとタキソール®注射液の安全性の比較検討 山本 大悟ほか

このページの先頭へ