現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


がん治療における費用対効果(分子標的治療薬を中心に)

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10752_13
著者:
池田 俊也
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.03MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Economic Evaluation of Targeted Cancer Therapy

Summary
 Medical technology, especially cancer therapy, has been recognized as having a major role both in improving health care and in increasing costs. Economic evaluation is considered the basis for resource allocation because it allows decision makers to consider the relative value of alternative uses of available resources. Analytical techniques used for economic evaluation in the healthcare sector are designed to compare alternative treatment strategies in terms of cost and outcome. There are 4 types of economic evaluation: cost-minimization analysis, cost-effectiveness analysis, cost-utility analysis, and cost-benefit analysis. The difference between these techniques relates to the way in which the outcomes are measured. Cost-utility analysis reflects value for money in terms of a single type of health outcome, such as quality-adjusted life year(QALY). This approach incorporates both an increase in survival time(extra life years)and changes in the quality of life(with or without increased survival)into 1 measure. An increase in the quality of life is expressed as a utility value on a scale of 0(dead)to 1(perfect quality of life). The incremental cost-effectiveness ratio(ICER)in this case is expressed as the incremental cost to gain an extra QALY. The main attraction of cost-utility analysis is its ability to compare different interventions for different diseases, and this type of economic evaluation is widely used for targeted cancer therapy.

要旨
 抗がん剤をはじめとする医療技術は医療の進歩に貢献する一方で,医療費増加の主因とみなされている。医療経済評価は,意思決定者に対して医療資源の効率的な利用法についての示唆を与えることができる。医療経済評価では,複数の代替的な診断・治療技術について費用と効果の両面から比較を行う。用いる効果指標の違いにより,費用最小化分析,費用効果分析,費用効用分析,費用便益分析の4種類に分類される。費用効用分析は費用対効果の効果指標として質調整生存年(QALY)を用いる。QALYは生存年の変化とQOLの変化の両方を統合した指標であり,QOLの変化については死亡を0,完全な健康を1とする効用値とによって表す。費用効用分析の結果は,評価対象とした複数の医療技術の費用の差をQALYの差で除した「増分費用効果比(ICER)」によって評価する。費用効用分析は様々な病態や治療法を相互比較できるというメリットがあり,分子標的治療薬についても広く利用されている。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻8号 2013年8月号トップへ

【総説】

▶がん治療における費用対効果(分子標的治療薬を中心に) 池田 俊也

このページの先頭へ