現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


再発胃癌に対する外科的治療―治せる癌と治せない癌―

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10753_13
著者:
梨本 篤、藪崎 裕、松木 淳、會澤 雅樹
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.11MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Surgical Treatment for Curable and Incurable Recurrent Gastric Cancer

Summary
 Recurrent gastric cancer(RGC)after curative resection(R0)is difficult to treat and is often incurable. In such case, patients undergo palliative therapy. However, a small number of patients with RGC can be cured by multimodality therapy. The impact of surgical treatment on patient outcome was studied for each RGC pattern of recurrence. Dissection of GC in combination with lymphadenectomy is a promising treatment strategy for patients with P0CY1 or P1 GC. In contrast, there is no viable treatment option for patients with P2 or P3 GC. A clinical trial is currently ongoing in order to develop new treatment approaches for such patients. In patients presenting with metachronous liver metastasis or para-aortic lymph node(PAN)recurrence, liver resection or PAN dissection are good options and long-term survival is expected if the primary tumor is controlled, if there are no other remote metastases, and if the recurrent lesion is limited. Complete resectability of the tumor is the only significant prognostic factor. In cases where complete resection is not possible, palliative surgery and non-surgical approaches yield similar patient outcomes. In conclusion, RGC is commonly treated with systemic chemotherapy. However, surgery, as part of multimodality therapy, should be considered in cases where complete resection of RGC is achievable.

要旨
 根治術後の再発胃癌に対する治療は困難であり,多くが姑息的治療になるため治せない癌である。しかし,外科的治療を加味した集学的治療によりまれに治癒する再発胃癌が散見される。そこで,各々の再発形式別に外科治療の可能性について検討した。腹膜再発ではP0CY1やP1(胃癌取扱い規約第12版)程度では病巣切除を付加することにより治癒する可能性があるが,遠隔転移としての腹膜播種が成立したP2,P3では制御する治療法がないため臨床試験にて開発中である。異時性肝再発およびNo. 16再発に対しては原発巣が制御されており,複合因子がなく再発巣が単発または同一区域内に限局した少数個である場合,肝切除またはNo. 16郭清の適応となり長期生存も期待できる。再発胃癌に対しては根治的切除ができない場合には非手術例と差はなく,根治手術可能な場合にのみ延命効果が期待できる。したがって,再発胃癌の治療は化学療法が中心となるが,根治の可能性がある場合は外科的切除も集学的治療の一選択肢としたい。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻8号 2013年8月号トップへ

【特集】治せる再発がん・治せない再発がん

▶再発胃癌に対する外科的治療―治せる癌と治せない癌― 梨本  篤ほか

このページの先頭へ