現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


再発胃癌の標準化学療法と治癒をめざした試み

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10754_13
著者:
朝山 雅子、山田 透子、原 浩樹、大木 暁、吉井 貴子、山口 研成
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.04MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Therapeutic Strategy for Recurrent Gastric Cancer and Efforts Aimed at Finding a Cure

Summary
 Recurrent gastric cancer, in general, is an incurable systemic disease for which the standard of care is systemic chemotherapy. Combination treatment with fluoropyrimidine plus platinum and the addition of trastuzumab for patients with human epidermal growth factor receptor 2(HER2)-positive tumors are widely accepted standard regimens. Fluoropyrimidines include 5-fluorouracil(5-FU), S-1, and capecitabine. There has been an accumulation of data showing the non-inferiority of oxaliplatin to cisplatin. Moreover, the importance of salvage chemotherapy has also been proven in prospective studies. However, retrospective analyses still indicate that the 5-year survival rates associated with metastatic gastric cancer are only a few percent with chemotherapy. To improve survival, newer triplet regimens, such as a combination of docetaxel, cisplatin, and S-1(DCS)and modified folinic acid, 5-FU, oxaliplatin, and irinotecan(modified FOLFOXIRI), are now under clinical investigation. Despite the limitations of retrospective data, surgical resection for gastric cancer liver metastases appears to be beneficial in carefully selected patients. Currently, the implication of surgical resection for metastatic gastric cancer is being evaluated in clinical trials. These efforts will result in further clinical advances with tailored treatment strategies.

要旨
 再発胃癌は原則「治らない癌」として全身化学療法の対象とされ,フッ化ピリミジン系とプラチナの併用(HER2陽性胃癌にはさらにtrastuzumab併用)が標準治療とされる。また,近年のエビデンスの蓄積からsalvage治療の有用性も広く認識されている。しかし実際,長期生存が得られる患者は全体の1~3%と報告されている。さらなる治療成績の改善をめざして,殺細胞性抗癌剤3剤併用療法レジメンも検討されている。また,少数例の検討ではあるが肝切除後の長期生存例も報告され,この有用性を前向きに検証する試験も始まっている。胃癌という多彩な病態を示す疾患のなかで治療選択肢の幅が広がり,それぞれの患者に最適な治療戦略が立てられるよう今後の進歩に期待したい。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻8号 2013年8月号トップへ

【特集】治せる再発がん・治せない再発がん

▶再発胃癌の標準化学療法と治癒をめざした試み 朝山 雅子ほか

このページの先頭へ