現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


外科治療で治る大腸癌肝転移再発とは?

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10755_13
著者:
高橋 慶一、山口 達郎、中野 大輔、中山祐次郎、大日向玲紀、矢島 和人、岩崎 善毅、松本 寛
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
2.29MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

How Does We Treat Liver Metastases from Colorectal Cancer by Cure-Intent Surgery ?

Summary
 Surgery is the most optimal and curative intent strategy for liver recurrence from colorectal cancer. There are scoring systems and grade classification for liver resection. If we carry out preoperative imaging of liver metastases strictly following to liver resection, we can expect to get a cure state satisfactory. Early detection and repeated liver resection improve the outcome of residual liver recurrence after liver resection. The maximum number of liver metastases for cure intent liver resection is unclear. Further examination is necessary.

要旨
 大腸癌肝転移再発において,外科的治療が最適で治癒を期待できる治療である。肝転移の切除のためにスコア化やgrade分類がなされているが,術前に厳密に画像診断を行い肝切除を行えば治癒が十分に期待できる。肝切除後の残肝再発に対しても早期発見で再切除を行うことで,予後の改善につながる。肝切除の至適最大個数については議論の分かれるところであり,今後の検討課題である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻8号 2013年8月号トップへ

【特集】治せる再発がん・治せない再発がん

▶外科治療で治る大腸癌肝転移再発とは? 高橋 慶一ほか

このページの先頭へ