現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


内科的加療により再発大腸癌は治せるか?

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10756_13
著者:
矢野雄一郎、久保田祐太郎、佐々木康綱
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.02MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Evaluation of Non-Surgical Therapy as a Treatment Option for Patients with Colorectal Cance

Summary
 In recent times, the incidence of colorectal cancer(CRC)in Japan as well as in Western countries has been increasing, and the various treatment strategies for CRC include endoscopic mucosal resection(EMR), curative hepatectomy for a solitary liver metastasis, and chemotherapy. Although the 5-year survival rate of patients with stage Ⅰ-Ⅲ CRC after complete resection is high, when the disease recurs, approximately 70% of the recurrent tumors become unresectable. Most patients with unresectable recurrent CRC receive chemotherapy, and, in recent years, the survival benefit has improved greatly because of the addition of molecular targeted drugs. The prognosis of patients with disease recurrence is poor and complete response and cure is not achieved. Therefore, the development of both new medication as well as multidisciplinary treatment is indispensable.

要旨
 結腸・直腸癌は本邦において近年増加傾向にあり,その治療は内視鏡治療から外科手術,薬物療法と多岐にわたっている。根治切除後stageⅠ-Ⅲの5年生存率は高いものの,再発した際には約70%が切除不能となる。切除不能再発大腸癌の多くは薬物療法の適応となり,近年分子標的薬の登場によりその効果は大きく改善している。しかしながら薬物療法開始後も,根治的局所再発切除や転移巣切除が行えなかった症例における予後は厳しく,薬物療法あるいは化学放射線療法のみでの病理学的完全奏効(pathological complete response: pCR)や治癒はまれである。現時点では内科的治療のみによって再発大腸癌を完治させることは不可能であり,新たな薬物療法の開発と集学的治療の展開が不可欠である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻8号 2013年8月号トップへ

【特集】治せる再発がん・治せない再発がん

▶内科的加療により再発大腸癌は治せるか? 矢野雄一郎ほか

このページの先頭へ