現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


当院におけるHIV感染合併非ホジキンリンパ腫の臨床的検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10765_13
著者:
小川吉彦、吉田全宏、金島広、中尾隆文、白野倫徳、後藤哲志、福島裕子、井上健、山根孝久
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
0.98MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Human Immunodeficiency Virus-Related Non-Hodgkin Lymphoma

Summary
 We investigated 8 cases of non-Hodgkin lymphoma(NHL)in human immunodeficiency virus(HIV)seropositive individuals who were diagnosed and treated at Osaka City General Hospital between April 2002 and October 2012. All patients were men, and the average age at the onset of NHL was 46 years(range: 30-61). Histological types were as follows: diffuse large B cell lymphoma in 4 patients, plasmablastic lymphoma in 2 patients, primary effusion lymphoma in 1 patient, and Burkitt lymphoma in 1 patient. In 3 cases, HIV infection was identified before the onset of NHL. Highly active anti-retroviral therapy(HAART)was initiated in 6 cases, and in 4 of these, we administered antineoplastic chemotherapy. Three patients who did not receive antineoplastic chemotherapy died within 1 month of diagnosis. Although 1 of the patients who received chemotherapy achieved complete remission, this patient died of BK virus nephritis. The remaining 3 patients achieved complete remission and are currently alive after 6 to 9 months. We believe that the combination of antineoplastic chemotherapy with HAART will lead to prognostic improvement in HIV-seropositive patients with NHL.

要旨
 対象は2002年4月~2012年10月までの間に当院で診断,治療を行ったhuman immunodeficiency virus(HIV)感染合併非ホジキンリンパ腫8症例である。症例は全例男性,非ホジキンリンパ腫発症時の平均年齢は46(30~61)歳であった。組織型はdiffuse large B cell lymphoma(DLBCL)4例,plasmablastic lymphoma(PBL)2例,primary effusion lymphoma(PEL)1例およびBurkitt's lymphoma(BL)1例であった。3例が非ホジキンリンパ腫発症前にHIV感染が判明していた。6例でhighly active anti-retrovirus therapy(HAART)が施行された。そのうち4例で化学療法を施行した。化学療法が施行されなかった3例は診断後1か月以内に死亡した。化学療法が施行された症例のうち1例は完全寛解になったが,BK virus関連腎炎により死亡した。残りの3例は完全寛解となり生存中(6~9か月)である。HIV感染合併非ホジキンリンパ腫はHAARTを導入し,その後,化学療法を積極的に施行することによって治療成績の向上が期待できるものと考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻8号 2013年8月号トップへ

【原著】

▶当院におけるHIV感染合併非ホジキンリンパ腫の臨床的検討 小川 吉彦ほか

このページの先頭へ