現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Opioid導入時の制吐薬としてのProchlorperazineとPerospironeの制吐作用と錐体外路症状についての比較検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10767_13
著者:
余宮きのみ、武井 大輔、黒澤 永、河野 紅
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.06MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Study on the Antiemetic Effect and Extrapyramidal Symptoms of Prochlorperazine Versus Perospirone for the Control of Nausea and Vomiting Due to Opioid Introduction

Summary
 Prochlorperazine is often used to prevent opioid-induced nausea; however, this drug causes extrapyramidal symptoms. It is important to determine the incidence of such symptoms and identify coping mechanisms because these symptoms induce intense and possibly life-threatening patient suffering. The purpose of this study was to determine the incidences of nausea and extrapyramidal symptoms associated with the use of prochlorperazine and perospirone as preventive antiemetics when initiating opioid treatment(a sustained-release tablet of oxycodone at a dose of 10 mg/day)and to compare the benefits of the 2 drugs. A total of 100 cancer patients who received medical care from a physician in the palliative care department of our center between May 2007 and September 2008 were consecutively enrolled for a retrospective review of the medical records. Of the patients, 50 had received prochlorperazine treatment(10 or 15 mg/day, orally)and 50 had received perospirone treatment(4 or 8 mg/day, orally)concomitantly with oxycodone treatment(10 mg/day)on an in-patient or outpatient basis. The incidence of nausea and vomiting within 1 week after starting treatment with opioids and the extrapyramidal symptoms during treatment were evaluated. The results showed that the incidence of nausea and vomiting was 8.0% for the prochlorperazine group and 4.0% for the perospirone group, and this difference was not statistically significant; however, the incidence of extrapyramidal symptoms was significantly higher for the prochlorperazine group(14%)than for the perospirone group(0%). Furthermore, the extrapyramidal symptom observed in the prochlorperazine group was akathisia, which occurred within a week. The results of this study suggest that careful attention should be paid so as not to overlook akathisia when using prochlorperazine as an antiemetic in cancer patients and that atypical antipsychotics, such as perospirone, could be used as alternatives.

要旨
 opioidによる悪心の予防としてしばしばprochlorperazineが使用されているが,prochlorperazineは錐体外路症状を生じることが問題となる。錐体外路症状が生じると患者の苦痛は著しく,生命に危険を及ぼすこともあるため,その発現率を知り対策を考えることは重要である。本研究の目的はoxycodone徐放錠10 mg/dayでopioidを開始する時に,予防的な制吐薬としてprochlorperazineあるいはperospironeを用いた場合の悪心・嘔吐と錐体外路症状の発現率を調査し,両薬剤の有用性について比較検討することである。2007年5月~2008年9月の間に当センター緩和ケア科医師が診療を行ったがん患者のうち,入院または外来でoxycodone 10 mg/day開始と同時にprochlorperazine(10 or 15 mg/day,経口投与)またはperospirone(4 or 8 mg/day,経口投与)を開始された患者を各群50名,合計100名を連続的に対象とし,後ろ向きのカルテ調査を行った。opioid開始後1週間以内の悪心・嘔吐および投与期間中の錐体外路症状の発現率について評価した。その結果,悪心・嘔吐の発現率はprochlorperazine群8.0%,perospirone群が4.0%であり,統計学的な有意差は認めなかった。一方,錐体外路症状の発現率はprochlorperazine群で14%にみられたのに対し,perospirone群では認めず有意差がみられた。さらにprochlorperazine群による錐体外路症状は全例アカシジアであり,1週間以内に出現していた。本研究の結果から,がん患者における制吐薬としてprochlorperazineを使用する際にはアカシジアを見落とさないよう十分留意すること,さらに代替薬としてperospironeなどの非定型抗精神病薬を使用することが有用である可能性が示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻8号 2013年8月号トップへ

【原著】

▶Opioid導入時の制吐薬としてのProchlorperazineとPerospironeの制吐作用と錐体外路症状についての比較検討 余宮きのみほか

このページの先頭へ