現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Survey on the Incidence and Management of Pseudomyxoma Peritonei in Japan

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10768_13
著者:
Toshiyuki Kitai ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
0.94MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Summary
 Purpose: Pseudomyxoma peritonei(PMP)is a rare condition characterized by massive ascites accumulation due to mucinous tumor dissemination in the peritoneal cavity. More recently, Sugarbaker has defined radical cytoreductive surgery and intraperitoneal chemotherapy as standardized therapy for PMP. The objective of this study was to investigate the incidence of PMP and the recent therapeutic approaches for this condition in Japan. Methods: Questionnaires answered by PMP patients between 2006 and 2010 were evaluated in this study. The study included 1,084 gastroenterological surgery and gynecology institutions in Japan. Results: Data from 379 institutions were analyzed(response rate: 35.0%). The mean number of diffuse PMP cases at a single institution in 5 years was 0.78. Of 266 diffuse cases, surgery was performed in 232 cases(87.2%)and chemotherapy was administered in 138 cases(51.9%). However, complete cytoreduction was achieved in only 31 of 232 operated cases(13.4%)and intraperitoneal chemotherapy was administered to only 45 of 138 patients receiving chemotherapy(32.6%). Conclusion: Despite the limited data, our results suggest that PMP occurs rarely in Japan, similar to the trend reported in Western countries. Further, the Sugarbaker procedure was not widely used in Japanese institutions.

要旨
 目的: 腹膜偽粘液腫(PMP)は,粘液性腫瘍の腹腔内播種によって大量の腹水が貯留するまれな病態である。最近,Sugarbakerによって根治的切除と腹腔内化学療法がPMPに対する標準治療として確立された。この研究の目的は日本におけるPMPの頻度と治療内容について調査することである。方法: 消化器外科,婦人科の1,084施設を対象に,2006~2010年までのPMP症例に関するアンケート調査を行った。結果: 379施設から回答を得た(回収率: 35%)。1施設当たり5年間で経験した広範囲PMPの症例数は0.78であった。広範囲PMP 266例のうち,232例(87.2%)に手術が,138例(51.9%)に化学療法が行われた。しかし,完全切除は手術を行った232例のうち31例(13.4%)のみ,腹腔内化学療法は化学療法を行った138例のうち45例(32.6%)のみであった。結論: 今回のデータは限られているが,PMPが日本においても欧米の報告と同程度にまれであること,Sugarbakerの根治的治療法はわが国では広く受け入れられていないことが示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻8号 2013年8月号トップへ

【原著】

▶Survey on the Incidence and Management of Pseudomyxoma Peritonei in Japan 鍛  利幸ほか

このページの先頭へ