現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


p53染色陽性を呈した形質転換濾胞性リンパ腫に対してRituximab併用Bendamustine療法が奏効した1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10770_13
著者:
黒田 裕行 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.67MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Bendamustine-Rituximab Therapy is Effective for Transformed Follicular Lymphoma with Significant Expression of p53

Summary
 We describe a patient with transformed follicular lymphoma(FL), expressing p53 but remaining in complete remission(CR)due to bendamustine-rituximab(BR)therapy. She was a 64-year-old female diagnosed with stageⅣ FL(grade 3A)in July 2007 when she was admitted with right lower abdominal pain and body weight loss. Colonoscopy revealed Bauhin' valve lymphoma of the terminal ileum, and computed tomography(CT)scan showed lymphadenopathy, involving the cervical, mediastinal para-aortic lymph nodes and right tonsil. She received chemotherapy with eight courses of CHOP therapy with rituximab and achieved CR. Two and a half years later, mediastinal lymph node swelling relapsed, and ibritumomab tiuxetan therapy induced the second CR. After ten months, however, a third relapse occurred as a submucosal tumor(SMT)of the stomach. Gastric SMT biopsy showed diffuse large B cell lymphoma(DLBCL)transformation with immunohistochemical expression of p53. Although gastric SMT disappeared after radiotherapy, which achieved the third CR, lymph node swelling was detected again in the para-aortic and-iliac artery lymph nodes in September 2011. Subsequently, she was treated with five courses of BR therapy, because bendamustine had been reported to be effective for p53 gene-deficient B cell neoplasms. The therapy was successful and achieved the fourth CR, demonstrating that BR therapy was effective for p53-expressing DLBCL.

要旨
 濾胞性リンパ腫(follicular lymphoma: FL)から形質転換したp53陽性リンパ腫に対してrituximab併用bendamustine(BR)療法が奏効したので報告する。症例は64歳,女性。2007年7月に右下腹部痛・体重減少のため初診となり,末端回腸の腫瘤と頸部・縦隔・腹部リンパ節腫脹を認めstageⅣのFLと診断した。rituximab併用CHOP療法により完全寛解(CR)を得たが,2年半後に縦隔リンパ節に再発した。ibritumomab tiuxetanでCRを得たが,その10か月後に胃粘膜下腫瘍として再発した。胃粘膜下腫瘍の生検でびまん性大細胞型への形質転換を確認し,リンパ腫細胞はCD20とp53染色はともに陽性であった。局所放射線照射を行ったが,2011年9月に腹部大動脈・腸骨動脈周囲リンパ節腫脹を認めた。p53欠失B細胞性腫瘍におけるbendamustineの有効性が示されており,本症例にBR療法を施行したところCRが得られた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻8号 2013年8月号トップへ

【症例】

▶p53染色陽性を呈した形質転換濾胞性リンパ腫に対してRituximab併用Bendamustine療法が奏効した1例 黒田 裕行ほか

このページの先頭へ