現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


小細胞肺癌患者におけるセロトニン症候群の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10771_13
著者:
高橋智恵子、後藤 愛実、平 祥子、片岡 憲昭、西原 雅美、勝間田敬弘、後藤 功、瀧内比呂也
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.15MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Serotonin Syndrome in a Patient with Small Cell Lung Cancer

Summary
 The patient was a 67-year-old male who had been treated for several years with 150 mg fluvoxamine maleate due to depression. He visited our hospital with primary symptoms of swelling of the right upper extremity and dyspnea in August, XXXX. As a result of examinations, he was diagnosed with stageⅢB extended small cell lung cancer(T4N3M0). One course of carboplatin/etoposide(CBDCA/VP-16)therapy was started on October 1. Since the tumor size was reduced, thoracic effusion disappeared, and superior vena cava syndrome was alleviated, the therapy was changed to cisplatin/irinotecan(CDDP/CPT-11)on October 23, and the 3rd course was initiated on November 22. Anxiety and tremor appeared on the 4th day of the 3rd course and because they were exacerbated, and myoclonus appeared, a diagnosis of serotonin syndrome was made on the 38th day, and the administration of fluvoxamine maleate was discontinued. The symptoms were alleviated after the discontinuation, and the 4th course could be implemented. In this patient, serotonin syndrome was considered to have been induced by serotonin secretion promoted by the CDDP administration, and by serotonin in the brain increasing abnormally due to the SSRI.

要旨
 症例は67歳,男性。うつ病のため数年前よりフルボキサミンマレイン酸塩150 mgで治療していた。X年8月より右上肢腫脹と呼吸困難を主訴に来院。精査の結果,進展型小細胞肺癌(T4N3M0),stageⅢBと診断された。10月1日よりカルボプラチン/エトポシド(CBDCA/VP-16)療法を1コース施行した。腫瘍の縮小と胸水の消失,上大静脈症候群が軽快したため,10月23日よりシスプラチン/イリノテカン(CDDP/CPT-11)療法に変更となり,11月22日に3コース目を開始したところ,投与後4日目に不安,振戦を認めた。投与後38日目に不安と振戦が増強し,ミオクローヌスよりセロトニン症候群と診断されフルボキサミンマレイン酸塩を中止とした。中止後に症状は改善し,4コース目が施行可能となった。本症例はCDDP投与によりセロトニン分泌が促進され,serotonin selective reuptake inhibitor(SSRI)により脳内のセロトニンが過剰に増加した結果,セロトニン症候群を惹起した可能性が示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻8号 2013年8月号トップへ

【症例】

▶小細胞肺癌患者におけるセロトニン症候群の1例 高橋智恵子ほか

このページの先頭へ