現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


肺癌小脳転移に対しCyberKnife®による定位放射線治療を行ったOncology Emergency症例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10774_13
著者:
宮本 信吾、生島壮一郎、猪俣 稔、野村竜太郎、鈴木 一郎
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
3.13MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Emergency Oncology Cases for Whom Stereotactic Radiotherapy by CyberKnife Proved Effective for Cerebellar Metastasis of Lung Cancer

Summary
 Background: Cerebellar metastasis sometimes causes symptoms such as ataxia and dizziness, or hydrocephalus by compression of the fourth ventricle, making emergency treatment necessary. We report two cases for whom we performed emergency stereotactic radiotherapy, and whose tumors decreased and symptoms improved. Case 1: A 58-year-old male was diagnosed with small cell lung cancer in December 2008, and received chemotherapy and conventional radiotherapy at another hospital. He developed difficulty in walking and experienced nausea from March 2010 on. Because neoplastic lesions had been found in the cerebellar vermis on computed tomography(CT)scan, he was referred to our hospital. We urgently performed stereotactic radiotherapy by CyberKnife, and his symptoms then improved. As a chest CT scan revealed a mass lesion in his right upper lobe, the diagnosis of recurrent small cell lung cancer was made, and we performed chemotherapy sequentially. Case 2: A 73-year-old female experienced severe headache and dizziness and noticed difficulty in walking in July 2010. Because neoplastic lesions had been found in the left cerebellar hemisphere on CT scan at another hospital, she was referred to our hospital. Chest X-ray films showed a mass lesion in the left middle lung field and cytologic examination of sputum showed squamous cell carcinoma. We urgently performed stereotactic radiotherapy by CyberKnife, and her symptoms then improved. Therefore, we performed chemotherapy sequentially. Conclusion: Stereotactic radiotherapy by CyberKnife is less invasive, and is one good treatment option in the event of an emergency.

要旨
 背景: 小脳転移は,時に失調や眩暈などの症状や第4脳室の圧排による水頭症を引き起こし,緊急的な治療が必要となる。今回,緊急に定位放射線治療を行い,腫瘍の縮小や症状の改善を認め,化学療法が施行可能となった症例を経験したので報告する。症例1: 58歳,男性。2008年12月小細胞肺癌と診断され,前医にて化学放射線治療が施行された。2010年3月より歩行困難,嘔気が出現。前医の頭部CT検査にて小脳虫部に腫瘍性病変を認め,当院紹介。速やかにCyberKnifeによる定位放射線治療を行い,症状の改善を認めた。小細胞肺癌再発と考え,引き続き化学療法を行った。症例2: 73歳,女性。2010年7月に激しい頭痛と眩暈,歩行困難が出現。前医を受診し,左小脳半球に腫瘤性病変を認め,当院入院。胸部X線検査にて左中肺野に腫瘤影を認め,喀痰細胞診より肺扁平上皮癌と診断。速やかにCyberKnifeによる定位放射線治療を行い,症状の改善を認め,引き続き化学療法を行った。結論: CyberKnifeによる定位放射線治療は侵襲が少なく,緊急時においても一つの治療選択肢であると考えた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻8号 2013年8月号トップへ

【症例】

▶肺癌小脳転移に対しCyberKnife®による定位放射線治療を行ったOncology Emergency症例 宮本 信吾ほか

このページの先頭へ