現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


テガフール・ウラシル内服により完全寛解が得られた肝細胞癌肺転移の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10775_13
著者:
田邉 和孝、田浦康二朗、波多野悦朗、小山 幸法、高田 泰次、上本 伸二
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.62MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Complete Remission of Hepatocellular Carcinoma with Multiple Lung Metastases by Oral Administration of Tegafur/Uracil

Summary
 We report a case of multiple lung metastases from hepatocellular carcinoma(HCC)successfully treated by oral administration of tegafur/uracil(UFT). A 70-year-old man underwent left hepatic lobectomy for HCC. Intrahepatic recurrence appeared 3 months after the operation and multiple lung metastases appeared at 6 months. Transarterial chemoembolization and radiofrequency ablation were applied for intrahepatic recurrences, and oral administration of UFT(300 mg/day)was initiated for lung metastases. Four months after the initiation of UFT therapy, CT scan showed complete remission(CR)of liver and lung lesions, and elevated AFP and PIVKA-Ⅱ levels returned to normal. Although the patient underwent a partial hepatectomy for solitary intrahepatic recurrence 2 years later, CR of lung metastases was maintained. The present case suggests the clinical usefulness of UFT for HCC with extrahepatic recurrences, given that effective systemic treatments for HCC are currently limited.

要旨
 症例は70歳台,男性。肝細胞癌(HCC)にて肝左葉切除術を施行したが,術後3か月目より肝内再発を認め,術後6か月目には肝内再発とともに多発肺転移が出現した。肝内病変に対しては肝動脈塞栓化学療法(TACE),ラジオ波焼灼療法(RFA)を施行し,多発肺転移に対してはテガフール・ウラシル(UFT)(300 mg/day)投与を開始した。UFT投与開始4か月後,多発肺転移巣は消失し,腫瘍マーカーも正常化した。2年後に残肝再発を来したため,肝部分切除術を施行した。現在UFT投与開始から4年経過したが,肺転移についてはCRを維持している。遠隔転移を伴うHCCの治療成績は不良であるが,本症例のようにUFT内服治療が奏効する例も存在するため,選択肢の一つであると考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻8号 2013年8月号トップへ

【症例】

▶テガフール・ウラシル内服により完全寛解が得られた肝細胞癌肺転移の1例 田邉 和孝ほか

このページの先頭へ