現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


乳癌胃転移,癌性腹膜炎に対しステント留置,ゲムシタビン投与を行いQOLを改善し得た1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10777_13
著者:
向橋 知江 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.47MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Gastric Metastasis and Carcinomatous Peritonitis of Breast Cancer with Improved QOL by Stent Implantation and Gemcitabine

Summary
 A 73-year-old woman had undergone mastectomy for left breast cancer. One year later, bone metastasis was detected. After 7 years, the patient experienced epigastric discomfort, and gastrointestinal endoscopy showed stenosis of the pylorus and enlarged gastric folds. Stomach cancer was suspected at first, but gastric metastasis of breast cancer was diagnosed on the basis of endoscopic reexamination and computed tomography(CT)images. The patient could not drink water, and therefore, gastrointestinal stenting was performed, which facilitated ingestion to some extent. However, at the same time, an elevated serum carcinoembryonic antigen(CEA)level and jaundice were observed. Therefore, biliary tract stenosis due to carcinomatous peritonitis was diagnosed. We attempted to treat the jaundice with endoscopic retrograde cholangiopancreatography(ERCP)or percutaneous transhepatic cholangiography(PTCD), but the treatment was not successful, and an increase in ascites was noted. Accordingly, gemcitabine was administered as systemic therapy. As a result, ascites decreased and jaundice improved. Patients with gastric metastasis of breast cancer have poor quality of life(QOL)because of difficulties in ingestion or vomiting, and poor prognoses, because of frequent concurrent carcinomatous peritonitis. We experienced a case of gastric metastasis and carcinomatous peritonitis, and were able to improve the patient's QOL by gastrointestinal stenting and gemcitabine administration.

要旨
 症例は73歳,女性。左乳癌術後1年で骨転移を来しホルモン療法を施行していた。術後7年で心窩部不快感が出現し,内視鏡にて胃皺壁の巨大化と胃角から幽門に及ぶ狭窄を認めた。当初原発胃癌が疑われたが,内視鏡再検,画像所見から乳癌胃転移と診断した。その後,飲水困難となったため消化管ステント留置を行った結果,少量の経口摂取が可能となった。同時期より腫瘍マーカー上昇と黄疸の出現があり,癌性腹膜炎に伴う胆道狭窄と診断した。内視鏡的,経皮的減黄を試みたが施行できず,黄疸増強,腹水増加がみられ,全身療法としてゲムシタビンを投与したところ黄疸は消失,腹水も減少し退院可能となった。乳癌胃転移は経口摂取困難や嘔吐などQOLの低下がみられ,癌性腹膜炎の合併頻度が高く予後不良である。今回,低侵襲な消化管ステント留置により経口摂取が可能となり,その後ゲムシタビン投与が奏効しQOLを改善し得た1例を経験したため報告する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻8号 2013年8月号トップへ

【症例】

▶乳癌胃転移,癌性腹膜炎に対しステント留置,ゲムシタビン投与を行いQOLを改善し得た1例 向橋 知江ほか

このページの先頭へ