現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


S-1/Docetaxel併用療法にて同時性肝転移が病理学的完全奏効となった胃癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10779_13
著者:
北原 大和、沖 英次、佐伯 浩司、安藤 幸滋、調 憲、鴻江 俊治、相島 慎一、掛地 吉弘、前原 喜彦
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
5.16MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Liver Metastasis from Gastric Cancer Responding Completely to S-1/Docetaxel Chemotherapy

Summary
 A 68-year-old man was introduced to our hospital with right lower abdominal pain. Endoscopic examination and abdominal CT revealed gastric cancer with liver metastasis. We started chemotherapy using S-1(120 mg/body/day), orally administered for 2 weeks followed by a 2-week rest period, and docetaxel(35 mg/m2), administered intravenously on day 1 and 15 as 1 course. After 4 courses of chemotherapy, the liver tumor reduced markedly and no new cancerous region was found by examination; therefore total gastrectomy and partial hepatectomy were performed. Histological examination showed an undifferentiated adenocarcinoma remaining as Grade 1b in the resected stomach. A resected specimen of the liver showed necrotic tissue without any cancer cells. This case suggests that S-1/docetaxel chemotherapy may reduce the stage of unresectable liver metastasis from gastric cancer and make a curative operation possible.

要旨
 症例は68歳,男性。右下腹部痛を主訴に来院し,精査の結果,胃癌および多発転移性肝癌と診断された。全身化学療法としてS-1/docetaxel併用療法(1コース=28 days,S-1 120 mg/body day 1~14,docetaxel 35 mg/m2 day 1,day 15)を4コース行ったところ肝転移がPRとなり,新たな病変の出現を認めなかった。原発,肝転移巣を含めて完全切除が可能であったため,本人と相談の上,化学療法開始から27週目に胃全摘術および肝部分切除術を施行した。主病変の化学療法の効果判定はGrade 1bであったが,肝病変は癌細胞の遺残を認めない病理学的CRの状態であった。術後228日目となるが現在無再発生存中である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻8号 2013年8月号トップへ

【症例】

▶S-1/Docetaxel併用療法にて同時性肝転移が病理学的完全奏効となった胃癌の1例 北原 大和ほか

このページの先頭へ