現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


抗凝固薬としてダビガトランを使用し安全にmFOLFOX6療法を施行できた進行大腸癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10780_13
著者:
中島 正夫、内山 哲史、足立 淳、内迫 博幸
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
0.98MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Advanced Colon Cancer with Atrial Fibrillation and the Use of Dabigatran for Safe Chemotherapy Using Fluoropyrimidine-Based Antitumor Agents

Summary
 A 77-year-old man with colon cancer and multiple metastases to the liver and lungs underwent resection of the primary tumor and D3 lymph node dissection. He presented with chronic atrial fibrillation; therefore, warfarin was used initially as an anticoagulant. Because of the need to administer a fluoropyrimidine-based antineoplastic agent[5-fluorouracil(5-FU)]during chemotherapy, we changed the anticoagulant from warfarin to dabigatran etexilate(dabigatran)before initiating chemotherapy. No complications or excessive decrease in coagulability was observed after changing the anticoagulant; chemotherapy was safely continued. Unlike warfarin, dabigatran undergoes renal excretion, and thus, can be safely used in anticoagulant therapy without any drug interaction with 5-FU. Thus, we believe that dabigatran may be the anticoagulant of choice in the future for cancer patients who are scheduled to undergo chemotherapy using fluoropyrimidine-based antineoplastic agents.

要旨
 症例は77歳,男性。大腸癌多発肝肺転移と診断され原発巣切除術,D3郭清が施行された。また,慢性心房細動を合併していたため抗凝固療法において当初ワーファリンカリウム(ワーファリン®)を使用したが,化学療法としてフッ化ピリミジン系抗悪性腫瘍薬(5-fluorouracil: 5-FU)の投与が必要であったためダビガトランエテキシラート(ダビガトラン)に変更し抗凝固療法を開始した。投与後凝固能の過度な低下や合併症は認められず,安全に化学療法を継続することができた。ダビガトランはワーファリン®と異なり腎排泄であるため,5-FUとの相互作用を示すことなく安全に抗凝固療法を施行することが可能である。今後,フッ化ピリミジン系抗悪性腫瘍薬を使用する癌患者に対しては第一選択の抗凝固薬となる可能性が考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻8号 2013年8月号トップへ

【症例】

▶抗凝固薬としてダビガトランを使用し安全にmFOLFOX6療法を施行できた進行大腸癌の1例 中島 正夫ほか

このページの先頭へ