現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


FOLFOX・Bevacizumab療法が著効を示した多発肝転移による高度黄疸のある進行直腸癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10783_13
著者:
寺澤 孝幸、古謝 進、安田 幸治、福田かおり
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.10MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Metastatic Colorectal Cancer with Icterus Due to Multiple Liver Metastases Treated Effectively by FOLFOX plus Bevacizumab

Summary
 A 64-year-old male with fatigue and icterus was referred to our hospital. Computed tomography(CT)demonstrated multiple liver metastases and colonoscopic examination revealed advanced rectal cancer, which was diagnosed as moderately-differentiated adenocarcinoma without KRAS mutation. His serum total bilirubin level was 15.6 mg/dL. We started combination chemotherapy with 5-fluorouracil, Leucovorin and oxaliplatin(modified FOLFOX6)at a 20% lower than standard dosage for safety. When his bilirubin fell to 2.3 mg/dL after 4 courses of mFOLFOX6, the doses of 5-fluorouracil and oxaliplatin were increased to standard doses, and treatment with bevacizumab of 5 mg/kg every 2 weeks was begun. After another 3 courses of chemotherapy, his bilirubin was normalized to 0.8 mg/dL. No significant toxicity was observed. Combination chemotherapy with mFOLFOX6 plus bevacizumab was effective and feasible in this case of metastatic rectal cancer with icterus due to diffuse liver metastases.

要旨
 症例は64歳,男性。倦怠感と黄疸を主訴に当院へ紹介された。多発肝転移を伴う進行直腸癌で,生検では中分化型腺癌でKRAS変異は認められなかった。治療開始直前の血清総ビリルビン値は15.6 mg/dLと高値であったため,5-fluorouracilとoxaliplatinを標準量の80%に減量した上で,直ちにmFOLFOX6療法を開始した。4コース終了時に血清総ビリルビン値は2.3 mg/dLまで低下し,以後は標準量としbevacizumab(5 mg/kg)を追加して,さらに3コース投与して血清総ビリルビン値は0.8 mg/dLと正常化した。明らかな有害事象はなく就業も再開して良好なQOLを維持することができた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻8号 2013年8月号トップへ

【症例】

▶FOLFOX・Bevacizumab療法が著効を示した多発肝転移による高度黄疸のある進行直腸癌の1例 寺澤 孝幸ほか

このページの先頭へ