現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


長期無症状生存中の癌性腹水を伴うS状結腸リンパ節転移を来した原発不明癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10784_13
著者:
三城 弥範、豊田 昌夫、仙﨑 英人、柳本 泰明、權 雅憲、螺良 愛郎
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.02MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Asymptomatic Longterm Survival in a Patient with Sigmoid Colon Lymph Node Metastasis with Cancerous Ascites of Unknown Origin

Summary
 A 63-year-old man bearing a palpable tumor had a lymph node metastasis adjacent to the sigmoid colon that was detected by computed tomography and positron emission tomography. The sigmoid colon and enlarged lymph nodes were surgically resected, and cancerous ascites were present. Pathologically, the tumor in the lymph node was a poorly-differentiated adenocarcinoma that was positive for CA19-9 as well as CK7(-/+), CK20(+/-), VEGF(+), p 53(+)and MIB-1(>10%). We treated this case as a pancreatic or bile duct carcinoma due to the patient's markedly elevated serum levels of CA19-9 and SPan-1. However, we could not make a conclusive diagnosis. Gemcitabine-based chemotherapy was administered, and the patient had no signs of recurrence for 24 months after the operation. Then, a recurrence was identified by imaging studies, and the chemotherapy was changed to paclitaxel and carboplatin. The patient had stable disease until tumor regrowth was identified 38 months after the operation, chemotherapy was then stopped. However, at 48 months after the operation, the patient remains well and has no symptoms. Our case suggests that surgery and the appropriate choice of anti-cancer drugs may contribute to the long-term survival of patients with cancer of an unknown primary origin.

要旨
 症例は63歳,男性。S状結腸間膜の腫瘍に対し開腹手術を施行。癌性腹水を伴っており,姑息的にリンパ節を含むS状結腸を切除した。病理診断では低分化型腺癌であった。病理学的にも臨床的にも原発は特定できなかったが,免疫染色にてCA19-9が陽性を示したことなどを総合的に判断し,膵癌に準じた治療を行うこととした。gemcitabineをベースとした化学療法で術後24か月間無症状,無再発で経過したが,尿管剥離面より局所再発を来したため,paclitaxel+carboplatinに切り替え治療を継続した。しかし術後38か月でprogressive disease(PD)となり以後無治療にて経過観察しているが,術後48か月現在無症状にて生存中である。原発不明癌の原発巣推定,治療方針の決定に免疫組織化学的検索が極めて有用であり,予後不良群の原発不明癌に対しても腫瘍減量手術と適切な化学療法の選択にて,長期生存を得られる可能性があることを示唆する症例である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻8号 2013年8月号トップへ

【症例】

▶長期無症状生存中の癌性腹水を伴うS状結腸リンパ節転移を来した原発不明癌の1例 三城 弥範ほか

このページの先頭へ