現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


抗CTLA-4抗体Ipilimumab

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10792_13
著者:
徳留 拓人
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.26MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Ipilimumab

 Ipilimumab(MDX-010, BMS-734016)is a fully human monoclonal immunoglobulin(IgG1κ)specific for human cytotoxic T lymphocyte antigen 4(CTLA-4, CD152), which is expressed on a subset of activated T-cells as a negative regulator of T-cell activation. Blockade of CTLA-4 can potentiate a robust antitumor immune response and lead to long-term tumor regression. Moreover, 2 global phase 3 clinical studies(MDX010-20 and CA184-024)on ipilimumab have demonstrated an improved survival in patients with both untreated and treated advanced melanoma. Ipilimumab(YervoyTM)has been approved for clinical use for the treatment of advanced melanoma in over 40 countries, including the United States(March 2011)and the European Union(July 2011), as the first agent to show overall survival benefit in patients with advanced melanoma. In Japan, several clinical trials for ipilimumab are ongoing in patients with conditions such as melanoma, non-small cell lung cancer, small-cell lung cancer, and gastric cancer. On the basis of experiences in both clinical development and clinical use of ipilimumab in more than 13,000 patients, several unique features of immunotherapy have been identified. In this article, clinical data on ipilimumab along with its unique effects and safety profile will be introduced, and some possible options for the further development of ipilimumab will be briefly discussed.

要旨
 ipilimumab(MDX-010,BMS-734016)は活性化T細胞に発現している負の補助刺激受容体human cytotoxic T lymphocyte antigen 4(CTLA-4,CD152)に特異的な完全ヒト型免疫グロブリン(IgG1κ)である。CTLA-4の阻害は腫瘍に対する免疫応答を増強し,持続的な抗腫瘍効果を発現すると考えられている。実際,ipilimumabはメラノーマを対象とした二つの海外第Ⅲ相試験において,全生存期間の有意な延長を示した。その結果,ipilimumabはメラノーマ患者に対しsurvival benefitを証明した初めての薬剤として2011年に欧米で承認(YervoyTM)され,現在,世界40か国以上で実臨床に用いられている。本邦ではメラノーマ,肺癌,胃癌を対象に臨床試験が進行中である。ipilimumabはこれまでに13,000例以上の癌患者に投与されており,癌に対する免疫療法としての位置付けが確立されつつある。本稿ではipilimumabの作用機序,有効性および安全性の特徴を紹介し,さらに今後の課題などについても述べてみたい。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻9号 2013年9月号トップへ

【特集】免疫療法の新展開

▶抗CTLA-4抗体Ipilimumab 徳留 拓人

このページの先頭へ