現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


抗PD-1抗体:基礎と臨床応用

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10793_13
著者:
田中 義正、岡村 春樹
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.11MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Anti-PD-1 Antibody: Basics and Clinical Application

Summary
 Although the treatment of cancer with monoclonal antibodies has long been pursued, T cell-directed immunotherapy has met with limited success. Recently, much attention has been devoted to the blockade of PD-1 signaling to activate an immune response to cancer. PD-1, a protein expressed on T cells, is a member of the CD28 superfamily, and it transmits coinhibitory signals upon engagement with its ligands PD-L1 and PD-L2. Accumulating evidence suggests that the PD-1 system plays pivotal roles in the regulation of autoimmunity, transplantation immunity, infectious immunity, and tumor immunity. Because the interaction of PD-1 with its ligands occurs in the effector phase of killer T cell responses in peripheral blood, anti-PD-1 and anti-PD-L1 monoclonal antibodies are ideal as specific agents to augment T cell responses to tumors with fewer adverse events than with the inhibition of CTLA-4, because the interaction of CTLA-4 with its ligands occurs in the priming phase of T cell responses within lymph nodes. In recent phaseⅠ clinical trials, objective responses were observed in patients with melanoma, renal cell carcinoma, and non-small cell lung cancer who underwent immunotherapy with an anti-PD-1 monoclonal antibody. In addition, the antitumor activity of an anti-PD-L1 monoclonal antibody was observed in patients with melanoma, renal cell carcinoma, non-small cell lung cancer, and ovarian cancer. The next frontier of immunotherapy targeting the PD-1 axis is to define patient selection criteria and explore combination therapy with other therapeutic manipulations such as adoptive immunotherapies.

要旨
 これまで種々のモノクローナル抗体を用いた癌治療が試みられてきたが,T細胞を標的とした免疫療法に関しては余りよい成績が得られていなかった。最近になって,PD-1シグナル経路を遮断することにより,癌に対する免疫反応を惹起する試みが注目を集めている。T細胞上に発現するPD-1はCD28スーパーファミリーに属する受容体であり,そのリガンドであるPD-L1あるいはPD-L2と会合することにより負の副刺激シグナルを誘導する。これまでの研究から,PD-1システムは自己免疫,移植免疫,感染免疫,癌免疫の制御に関与していることが示唆されている。PD-1とそのリガンドとの相互作用は,末【梢】においてキラーT細胞応答のエフェクターフェーズで起こるため,抗PD-1抗体や抗PD-L1抗体はT細胞の癌応答性を増強するには理想的な薬剤といえる。PD-1システム遮断の特徴は,リンパ節内でT細胞のプライミング応答の際に重要な役割を果たすCTLA-4シグナルを遮断する手法と比較して,重篤な副作用がでにくいことである。最近発表された第Ⅰ相臨床試験の結果によると,抗PD-1抗体投与により悪性黒色腫,腎臓癌,非小細胞肺癌で,また抗PD-L1抗体投与により悪性黒色腫,腎臓癌,非小細胞肺癌,卵巣癌で奏効性が確認された。今後,PD-1を標的とした癌免疫療法を確立するために,バイオマーカーによる患者選択基準の標準化と養子免疫療法との組み合わせなどが重要な研究課題となる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻9号 2013年9月号トップへ

【特集】免疫療法の新展開

▶抗PD-1抗体:基礎と臨床応用 田中 義正ほか

このページの先頭へ