現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


抗CCR4抗体と制御性T細胞

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10794_13
著者:
黒瀬 浩史、大植 祥弘、岡 三喜男
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
1.37MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Anti-CCR4 mAb and Regulatory T Cells

Summary
 Despite receiving multidisciplinary therapy, patients with advanced or recurrent cancer experience poor survival. Therefore, novel and effective therapies should be developed.
 In various malignancies, tumor cells can evade the host immune defenses, in which CD4+CD25+ regulatory T cells(Treg)play an important role. Tregs maintain self-tolerance and homeostasis in the immune system, thereby suppressing the antitumor immune responses in cancer patients. Thus, Tregs are crucial in controlling antitumor immune responses. Several clinical studies have shown that the presence of Tregs at the tumor site was correlated with poor prognosis, and Tregs reportedly suppress the antigen-specific T-cell induction in immunotherapy. Therefore, controlling Treg function may be a promising immunotherapy.
 Based on the findings of adult T-cell leukemia-lymphoma research, Tregs have been shown to display high cell-surface expression of the CC chemokine receptor, CCR4. The anti-CCR4 monoclonal antibody recognizes the CCR4 molecule and induces robust ADCC activity against CCR4-positive cells such as Tregs. Thus, Treg depletion using humanized anti-CCR4 monoclonal antibodies may enhance the host immune response against tumors. The current ongoing clinical trial investigates the use of humanized anti-human-CCR4 monoclonal antibody, mogamulizumab, in the treatment of advanced solid tumors.

要旨
 進行または再発がんの予後は不良であり,これまでの外科,放射線,化学療法に次ぐ新規がん治療法の開発が求められている。ヒト化抗CCR4モノクローナル抗体(モガムリズマブ,ポテリジオ®)は,脱フコシル化技術により飛躍的に高められたADCC活性によって,CCR4+細胞を除去することができる抗体薬である。種々のヒト固形がんにおいて制御性T細胞(regulatory T cell: Treg)は,抗腫瘍免疫を抑制している可能性が指摘され,このTreg細胞表面にCCR4分子が発現していることが明らかとなった。その結果に基づいて,現在これらCCR4+ Treg細胞をヒト化抗CCR4モノクローナル抗体で除去し,抗腫瘍免疫の抑制を解除することを目的としたがん免疫療法の開発が行われている。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻9号 2013年9月号トップへ

【特集】免疫療法の新展開

▶抗PD-1抗体:基礎と臨床応用 田中 義正ほか

このページの先頭へ