現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


再発乳癌に対するS-1とCyclophosphamide逐次療法の第Ⅰ相臨床試験

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10800_13
著者:
堀口淳、高他大輔、六反田奈和、長岡りん、時庭英彰、小田原宏樹、菊地麻美、佐藤亜矢子、竹吉泉
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
1.37MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

PhaseⅠ Study of Sequential S-1 and Cyclophosphamide Therapy in Patients with Metastatic Breast Cancer

Summary
 S-1 is a novel oral anticancer agent consisting of tegafur, a prodrug of 5-fluorouracil, and 2 modulators. A phaseⅠ study of sequential S-1 and cyclophosphamide(CPA)therapy was conducted to determine the dose-limiting toxicities(DLTs)and recommended doses(RDs)in patients with metastatic or recurrent breast cancer(MBC). Patients with MBC received sequential S-1 and CPA. Chemotherapy consisted of administration of S-1 twice daily on days 1-14 at escalating doses of 40, 50, 65, and 80 mg/m2/day and CPA at 100 mg/body/day on days 15-28. The schedule was repeated twice at a 4-week interval. The purposes of this study were to determine the RDs, safety, and efficacy of the regimen. A total of 12 patients were registered. No patients experienced DLTs, and the RDs of S-1 and CPA were 80 mg/m2/day and 100 mg/body/day, respectively. The response rate was 50.0%. In conclusion, sequential therapy with S-1 and CPA could be safely and effectively used for the treatment of MBC, and the RDs for this regimen were determined to be 80 mg/m2/day for S-1 and 100 mg/m2/day for CPA.

要旨
 再発乳癌に対するS-1とcyclophosphamide(CPA)を用いた逐次療法レジメの確立をめざし,S-1の至適用量決定と安全性および有効性を検討した。12人の再発乳癌患者が登録され,S-1(40~80 mg/m2)を14日間,その後CPA(100 mg/body)を14日間投与した。28日間を1コースとし,2コースでの投与制限毒性(DLT)を検討し,推奨用量(RD)を決定した。S-1を40~80 mgまで4段階に増量したがDLTは認められず,S-1(80 mg/m2)をRDとした。奏効率は50%であった。以上より,再発乳癌に対するS-1およびCPAの逐次療法は安全かつ有効であり,S-1のRDは80 mg/m2と決定された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻9号 2013年9月号トップへ

【原著】

▶再発乳癌に対するS-1とCyclophosphamide逐次療法の第Ⅰ相臨床試験 堀 口  淳ほか

このページの先頭へ