現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


外来化学療法施行中の大腸がん患者に対するMalnutrition Universal Screening Tool(MUST)を用いた栄養評価

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10802_13
著者:
田河みゆき、名徳 倫明、岩本 千晶、瀬名波宏昌、浦嶋 庸子、廣谷 芳彦、今仲 直美、今西 成雄、林 
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
0.99MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Nutritional Assessment Employing the Malnutrition Universal Screening Tool for Patients with Colorectal Cancer Undergoing Outpatient Chemotherapy

Summary
 Objective: We surveyed the nutritional status of patients with colorectal cancer undergoing outpatient chemotherapy using the malnutrition universal screening tool(MUST)to examine its usefulness and association with adverse events. Methods: We examined the use of the MUST and the incidences of adverse events in 34 patients with advanced or recurrent colorectal cancer who had undergone outpatient chemotherapy between April and December 2010. Results: The high-risk patients requiring nutritional care intervention comprised 47.1%(16 patients)of the study population, and these patients exhibited significant decreases in body weight and body mass index. The incidences of appetite loss and fatigue were significantly higher in the high-risk group than in the low-risk group. Discussion: Precautions against adverse events may prevent a worsening of the nutritional status of patients with colorectal cancer. Thus, nutritional assessment is necessary in patients undergoing outpatient chemotherapy. Furthermore, the MUST appears to represent a very useful simplified nutritional screening method for the nutritional management for these patients.

要旨
 目的: 外来化学療法施行大腸がん患者の栄養状態をmalnutrition universal screening tool(MUST)を用い調査し,その有用性や有害事象との関連性を検討した。方法: 2010年4~12月までの外来化学療法を施行している進行・再発大腸がん患者34名を対象とし,MUST,有害事象発現率について調査した。結果: 栄養療法の介入が必要なhigh-risk患者は16名(47.1%)であり,high-riskでは体重,body mass indexが有意に減少した。有害事象発現率は食欲不振,倦怠感において,low-riskに比べhigh-riskでは有意に増加した。考察: 有害事象の予防対策を行うことで栄養状態の悪化を防ぐと考えられ,外来化学療法患者に対しても積極的な栄養評価を行うことが必要である。また,MUSTは外来化学療法患者の栄養管理上,非常に有用な簡易栄養スクリーニング法であることが示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻9号 2013年9月号トップへ

【原著】

▶外来化学療法施行中の大腸がん患者に対するMalnutrition Universal Screening Tool(MUST)を用いた栄養評価 田河みゆきほか

このページの先頭へ