現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


OxaliplatinおよびPaclitaxelによる末梢神経障害に対するPregabalinの有効性と安全性の検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10803_13
著者:
二瓶 哲、佐藤 淳也、柏葉 匡寛、板橋 哲也、工藤 賢三、高橋 勝雄
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
0.95MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Efficacy and Safety of Pregabalin for Oxaliplatin- and Paclitaxel-Induced Peripheral Neuropathy

Summary
 This study included patients who were prescribed pregabalin, vitamin B12, amitriptyline, clonazepam, or carbamazepine to improve oxaliplatin(L-OHP)- or paclitaxel(PTX)-induced peripheral neuropathy at Iwate Medical University Hospital between April 2011 and July 2012. The efficacy and safety of pregabalin was evaluated by comparing 27 patients with L-OHP-induced peripheral neuropathy and 28 with PTX-induced peripheral neuropathy prescribed pregabalin(pregabalin group)with 20 patients with L-OHP-induced peripheral neuropathy and 25 with PTX-induced peripheral neuropathy prescribed other drugs(non-pregabalin group). Response was defined as a decrease in neuropathy of at least 1 grade from baseline. The response rates were 40.7% and 10.0% for L-OHP-induced peripheral neuropathy patients and 28.6% and 12.0% for PTX-induced peripheral neuropathy patients in the pregabalin and non-pregabalin groups, respectively. The severity of peripheral neuropathy before and after the administration of pregabalin differed significantly[L-OHP, 1.33±0.48(mean±SD)vs. 1.00±0.78 and PTX, 1.46±0.69 vs. 1.21±0.88]. In 28-37% of patients, pregabalin was associated with adverse events, with drowsiness and dizziness being frequently observed. In conclusion, pregabalin was efficacious in reducing the severity of L-OHP- and PTX-induced peripheral neuropathy.

要旨
 岩手医科大学附属病院において2011年4月~2012年7月の期間にoxaliplatin(L-OHP)およびpaclitaxel(PTX)を含むがん化学療法が施行され,そのうち末梢神経障害の改善を目的にpregabalin,ビタミンB12剤,牛車腎気丸,clonazepam,carbamazepineおよびamitriptylineが処方されたがん患者を対象とし,pregabalinが処方された患者(pregabalin群: L-OHP 27例およびPTX 28例)と,それ以外の薬剤が処方された患者(non-pregabalin群: L-OHP 20例およびPTX 25例)に分けて有効性と安全性について後ろ向きに比較検討した。その結果,pregabalin群およびnon-pregabalin群において末梢神経障害Gradeが1段階以上の低下を示した患者(改善例)の割合は,L-OHP投与患者で40.7%および10.0%,PTX投与患者で28.6%および12.0%であった。pregabalin群では,pregabalin投与前後の末梢神経障害Gradeを比較したところ有意な低下を認めた[L-OHP: 1.33±0.48(mean±SD)vs 1.00±0.78およびPTX: 1.46±0.69 vs 1.21±0.88]。pregabalinを投与した患者のうち28~37%で眠気やふらつきなどの副作用が認められた。pregabalinはがん化学療法の末梢神経障害対策に有用であると考える。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻9号 2013年9月号トップへ

【原著】

▶OxaliplatinおよびPaclitaxelによる末梢神経障害に対するPregabalinの有効性と安全性の検討 二 瓶  哲ほか

このページの先頭へ