現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


術前化学療法にて組織学的Complete Responseが得られ5年間無再発健存中のVirchowリンパ節,腹部大動脈周囲リンパ節転移陽性進行胃癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10809_13
著者:
金川泰一朗、大川 尚臣、野上 浩實、小畑 卓司
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.56MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Gastric Cancer with Virchow and Para-Aortic Node Metastasis Treated Successfully by Neo-Adjuvant Chemotherapy with S-1/CDDP

Summary
 A 61-year-old female visited our hospital with the complaint of a left cervical hard tumor. Systemic examination revealed advanced gastric carcinoma with nodal involvement of para-aortic and Virchow's lymph nodes. Neoadjuvant chemotherapy with S-1/cisplatin(CDDP)combination therapy was scheduled. Three courses of chemotherapy resulted in marked tumor regression and a reduction of lymph nodes. Total gastrectomy and D2+para-aortic node dissection were performed. The histological examination revealed complete disappearance of cancer cells in the gastric and nodal specimens, confirming a pathological complete response. The patient underwent postoperative adjuvant chemotherapy, and has been alive 5 years postoperatively without recurrence.

要旨
 症例は61歳,女性。左鎖骨上に鶉大の硬い腫瘤を触れ来院した。胃内視鏡検査では胃体上部に肉眼型3型の腫瘤を認め,低分化腺癌と診断された。CT検査では腹部大動脈周囲を含む広範なリンパ節腫大,左鎖骨上リンパ節腫大を認めた。切除不能と判断し,S-1/cisplatin(CDDP)による化学療法を施行した。3コース施行後のRECISTによる評価では,画像検査所見上腫大リンパ節の消失,胃内視鏡検査上,腫瘤の瘢痕化,生検結果は悪性細胞を認めず,完全奏効complete response(CR)と判定した。患者の同意の下,胃全摘,D2+No. 16 sampling郭清を行った。原発巣は瘢痕を残すのみで,病理結果は原発巣,リンパ節転移巣いずれもpathological CR,組織学的効果判定はGrade 3の結果であった。補助化学療法としてS-1内服,その後CT検査で腹水貯留が疑われたためweekly paclitaxel療法を行った。すべての休薬から3年,初診より5年経過しているが,現在再発は認められていない。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻9号 2013年9月号トップへ

【症例】

▶術前化学療法にて組織学的Complete Responseが得られ5年間無再発健存中のVirchowリンパ節,腹部大動脈周囲リンパ節転移陽性進行胃癌の1例 金川泰一朗ほか

このページの先頭へ