現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


集学的治療が奏効した門脈腫瘍栓を伴う進行胃癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10811_13
著者:
野村 尚弘、山下 克也、内田 大樹、武藤 俊博、岡本喜一郎、佐藤 健、市原 透
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.20MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Advanced Gastric Cancer with Tumor Embolus in Portal Vein Successfully Treated by Neoadjuvant Chemotherapy, Operation and Chemoradiotherapy

Summary
 A 66-year-old man was admitted to our hospital with a diagnosis of advanced gastric cancer, with a tumor embolus in the portal vein and lymph node metastases. Since curative surgery was deemed impossible, we started neoadjuvant chemotherapy using S-1 plus CDDP. After 1 course of chemotherapy, the embolus in the portal vein disappeared. After additional chemotherapy, the primary tumor and lymph nodes were reduced in size, and a total gastrectomy with splenectomy and lymph node dissection was performed. Although he received S-1 medication as adjuvant chemotherapy, a tumor embolus in the portal vein appeared 8 months after the operation. Chemoradiotherapy(S-1+total of 50.4 Gy)was performed and the tumor embolus disappeared.

要旨
 症例は66歳,男性。貧血の精査にて著明なリンパ節転移と門脈腫瘍栓を有する4型胃癌(cT4a,cN3,cM1,cStageⅣ)と診断。治癒切除困難と判断し,S-1+CDDP療法を開始。1コース後のCTにて,門脈腫瘍栓の消失と腫大リンパ節の縮小を認めた。5コース終了後にD2郭清を伴う胃全摘術を施行した。病理検査所見は,por1,pT3(SS),med,INFa,pN2,pStageⅢAで,組織学的効果判定はGrade 2であった。術後補助化学療法(S-1)を施行したが,8か月後に門脈腫瘍栓再発を来したため化学放射線療法を施行した結果,門脈腫瘍栓の消失が得られた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻9号 2013年9月号トップへ

【症例】

▶集学的治療が奏効した門脈腫瘍栓を伴う進行胃癌の1例 野村 尚弘ほか

このページの先頭へ