現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


術後遺残した傍大動脈リンパ節転移に化学療法が著効しその後Virchowリンパ節再発を切除することで長期生存を得ている直腸癌の1症例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10813_13
著者:
今村博、飯野聡、坂元昭彦、桑畑太作、米盛圭一、大西峻、東泰志、崎田浩徳、田辺元、夏越祥次
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.57MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Rectal Cancer Which Showed Complete Response to Chemotherapy for Para-Aortic Lymph Node Metastases Remaining after Surgery, for Which Resection of Virchow's Lymph Node Recurrence Led to Long-Term Survival

Summary
 A 55-year-old man with a positive fecal occult blood test visited our department, and after a thorough medical evaluation, was diagnosed with StageⅣ Rs rectal cancer with marked para-aortic lymph node metastasis. In December 2007, the patient underwent low anterior rectal resection with D3 lymph node dissection, but the para-aortic lymph nodes were left. The metastatic lymph nodes showed a complete response(CR)to post-operative chemotherapy with FOLFOX, FOLFIRI, IRIS, and irinotecan+cetuximab, and the complete response was sustained for 18 months after surgery. Later, he developed Virchow's lymph node metastasis, which was also resected. At present, 5 years after the first surgery, the patient, whose chemotherapy has been discontinued, is alive without recurrence. It appears that using key drugs, such as 5-fluorouracil, leukovorin, oxaliplatin, irinotecan, and cetuximab, and performing aggressive salvage surgery for Virchow's lymph node recurrence, led to long-term recurrence-free survival.

要旨
 症例は55歳,男性。便潜血陽性を主訴に受診,精査にて著明な傍大動脈リンパ節転移を伴ったStageⅣのRs直腸癌の診断となった。2007年12月に低位前方切除術とD3のリンパ節郭清を施行するも,傍大動脈にリンパ節転移が遺残した。術後にFOLFOX,FOLFIRI,IRIS,irinotecan+cetuximabによる化学療法を施行し,同リンパ節転移は完全奏効(CR)を示し,術後18か月間維持された。その後Virchowリンパ節に限局した転移が出現,同リンパ節の切除術を追加した。現在,化学療法も中止とし初回術後5年になるが,再発なく生存中である。化学療法で5-fluorouracil,Leucovorin,oxaliplatin,irinotecan,cetuximabといったkey drugを使い切ったこと,およびVirchowリンパ節転移に対し積極的なサルベージ手術を行ったことが,長期の無再発生存につながったと考えられる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻9号 2013年9月号トップへ

【症例】

▶術後遺残した傍大動脈リンパ節転移に化学療法が著効しその後Virchowリンパ節再発を切除することで長期生存を得ている直腸癌の1症例 今 村  博ほか

このページの先頭へ