現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


スニチニブにて長期間Stable Diseaseが得られた高分化型神経内分泌腫瘍の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10814_13
著者:
田丸 智巳 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.82MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case Report of a Well-Differentiated Neuroendocrine Tumor in Which Sunitinib Treatment Resulted in Stable Disease

Summary
 A 52-year-old woman had a primary neuroendocrine tumor, Grade 2(NET G2)with multiple liver metastases and a mesenteric tumor. Since no drugs were approved for NET at that time in Japan, we treated her with sunitinib after approval by the Ethics Committee of Mie University Hospital and obtaining informed consent. Sunitinib was administered at a daily dose of 37.5 mg/day, but the dose was reduced to 12.5 mg/day because of thrombocytopenia(G3)and neutropenia(G3). CT revealed stable disease after 3 months of treatment, but disease progression was observed after 11 months. The non-hematological toxicity was hypertension(G3), which was controlled with antihypertensive agents. Although there are no previous reports of the treatment of well-differentiated NET with sunitinib in Japan, sunitinib may be effective against this disease.

要旨
 症例は52歳,女性。診断は原発不明の高分化型神経内分泌腫瘍で多発肝転移,腸間膜腫瘍。2011年当初,保険承認薬剤がなかったため,当院の医療の質倫理検討委員会の承認を得て,スニチニブの投与を実施した。37.5 mg連日投与を行ったが,血小板減少Grade 3,好中球減少Grade 3にて,12.5 mg連日投与まで減量して投与を継続した。3か月目のCTにてstable diseaseであり,11か月目のCTで増悪となるまで治療は継続できた。非血液毒性では高血圧症Grade 3を認めたが,降圧薬にてコントロール可能であった。本邦ではスニチニブは未承認であり,今回高分化型神経内分泌腫瘍に対してスニチニブを使用する経験を得たので報告した。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻9号 2013年9月号トップへ

【症例】

▶スニチニブにて長期間Stable Diseaseが得られた高分化型神経内分泌腫瘍の1例 田丸 智巳ほか

このページの先頭へ