現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


スニチニブで長期病勢コントロールし得た消化管間質腫瘍の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10815_13
著者:
宇野 太、藤原 康宏、藤原 俊義
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.16MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Long-Term Control of Gastrointestinal Stromal Tumor with Sunitinib

Summary
 The patient was a 70-year-old woman with gastrointestinal stromal tumor(GIST)of the small intestine, accompanied by liver metastasis. Multiple liver metastases were pointed out 3 months after R0 surgery(jejunectomy and hepatectomy). Although she was given radiofrequency ablation(RFA)therapy and imatinib, metastatic tumors progressed. In a further examination at our institution 21 months after R0 surgery, multiple liver, bone, and lung metastases were indicated, and she was given sunitinib once daily at a 50 mg in 6-week courses, with 4 weeks on and 2 weeks off treatment. Although sunitinib dosage was decreased to 25 mg/day because of adverse events, 21 courses of this treatment were administrered, and it took 137 weeks to progress her disease with this sunitinib treatment. At our institution, seven cases of GIST were treated with sunitinib, and the median time to progression was 30-weeks. That was almost the same result as for Japan and international clinical trials. Sunitinb treatment may be one of the most important therapeutic options for unresectable imatinib-resistant GIST.

要旨
 症例は70歳,女性。21か月前他院で同時性多発肝転移を伴う小腸消化管間質腫瘍(gastrointestinal stromal tumor: GIST)に対し,原発巣切除と肝切除が施行されていた。その後肝転移再発に対し,経皮的ラジオ波焼灼療法(radiofrequency ablation: RFA)やイマチニブ投与されるも病勢コントロールできず当院へ紹介受診された。当院初診時には肝転移,骨転移,肺転移を呈しており,スニチニブ投与(1日1回50 mgで4週間内服・2週間休薬)を開始した。有害事象によりスニチニブ投与量を1日25 mgまで減量し,また治療中に骨転移の悪化がみられたため,放射線療法を付加するなどしてスニチニブ投与を21コース施行し,138週という長期にわたって病勢コントロールし得た。当施設では7例のGISTに対しスニチニブ治療を施行したが,無増悪期間(time to tumor progression: TTP)は30週で国内外の臨床試験で報告されている成績と同等であった。切除不能のイマチニブ耐性GISTに対するスニチニブ治療は,重要な治療選択肢と思われた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻9号 2013年9月号トップへ

【症例】

▶スニチニブで長期病勢コントロールし得た消化管間質腫瘍の1例 宇 野  太ほか

このページの先頭へ