現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Paclitaxel,Carboplatin療法を施行した卵巣癌肉腫の4例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10817_13
著者:
大塚伊佐夫、髙矢 寿光、髙木 清考、田中亜由子、可世木華子、伊豆田千夏、佐藤 茉弥、松浦 拓人、鈴木
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
0.96MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Carcinosarcoma of the Ovary Treated with Paclitaxel and Carboplatin Chemotherapy―A Report of 4 Cases

Summary
 Ovarian carcinosarcoma is a rare gynecologic malignancy that tends to develop in elderly women. This tumor consists of both carcinomatous and sarcomatous components and is associated with a poor prognosis. Because of its rarity, the optimal chemotherapeutic regimen to treat this tumor is yet to be determined. We report 4 cases of ovarian carcinosarcoma treated with paclitaxel/carboplatin(PC)therapy. The median age was 67 years(range, 64-72 years). Two patients with stageⅡc disease underwent a primary debulking surgery; one had microscopic residual and the other had<1 cm residual disease, and both patients received adjuvant PC therapy. In 2 other patients, a stageⅢ patient and a stageⅣ patient, a partial response was achieved with neoadjuvant chemotherapy. They underwent an interval debulking surgery(residual disease<1 cm in both patients)followed by additional PC therapy. Recurrence developed in 3 patients except for 1 stageⅡc patient with microscopic residual disease. These 3 recurrences developed in the pelvis. Progression-free survival ranged 3-15 months; in the stageⅡc patient, disease progressed during adjuvant PC therapy. Overall survival of the 3 patients with recurrence ranged 6-41 months. In conclusion, paclitaxel and carboplatin chemotherapy is an effective regimen for ovarian carcinosarcoma, although the duration of response is relatively short.

要旨
 卵巣癌肉腫は悪性卵巣腫瘍のなかでもまれな高悪性度腫瘍で高齢者に多い。多くの癌肉腫において肉腫成分は癌腫成分と同一起源であると考えられており,癌肉腫は表層上皮性・間質性腫瘍に分類される。進行癌肉腫に対しては上皮性卵巣癌と同様にpaclitaxel,carboplatin療法(PC療法)が施行されることが増えているが,最適な化学療法のregimenに関しては議論がある。われわれは卵巣癌肉腫4例にPC療法を施行したので報告する。年齢は64~72(中央値67)歳で,進行期はⅡc期2例,Ⅲc期1例,Ⅳ期1例。Ⅱc期例の術後残存腫瘍径はmicroscopic,1 cm未満の各1例で,いずれも術後にPC療法を施行した。Ⅲ/Ⅳ期例では術前化学療法でPRを得た後に手術を施行(残存腫瘍1 cm未満)し,術後にさらにPC療法を追加した。残存腫瘍がmicroscopicで無病生存中(53+か月)のⅡc期1例を除く3例が再発し,再発までの期間は3~15か月で,再発部位はいずれも骨盤内であった。Ⅱc期の1例ではPC療法中に病変の進行がみられた。再発例の全生存期間は6~41か月であった。TC療法は副作用も軽度で計画どおりに施行可能であった。卵巣癌肉腫に対してTC療法は有効なfirst-line化学療法であり,高齢者でもQOLを維持した治療が可能だが奏効期間が短いことから,より有効なregimenの開発が必要である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻9号 2013年9月号トップへ

【症例】

▶Paclitaxel,Carboplatin療法を施行した卵巣癌肉腫の4例 大塚伊佐夫ほか

このページの先頭へ