現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


胃癌腹膜播種の克服をめざした集学的治療戦略

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10824_13
著者:
石神 浩徳、北山 丈二、山口 博紀、江本 成伸、渡邉 聡明
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
2.33MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Multidisciplinary Treatment Strategy for Gastric Cancer with Peritoneal Metastasis

Summary
 As no treatment method has a sufficient level of evidence of success in the treatment of gastric cancer with peritoneal metastasis, there is an urgent need to develop a new treatment that takes into account the pathophysiology of the disease. A novel multidisciplinary treatment approach combining intraperitoneal(IP)paclitaxel(PTX), systemic chemotherapy, and gastrectomy is one of the promising treatment options. We designed a combination chemotherapy regimen of S-1, weekly intravenous and IP PTX and determined the recommended dose in a phaseⅠ study. In the phaseⅡ study, the median survival time(MST)was 23.6 months. Out of 100 patients treated with this regimen, we performed gastrectomy on 62 patients after disappearance or obvious shrinkage of the peritoneal metastasis, and the MST was 34.5 months. Currently, we are carrying out a phaseⅢ trial(PHOENIX-GC trial)comparing our IP regimen to S-1 plus CDDP.

要旨
 腹膜播種陽性胃癌に対して高いエビデンスを有する標準治療は存在せず,その病態を考慮した新規治療法の開発が急務である。強力な局所療法であるpaclitaxel(PTX)腹腔内投与と全身化学療法,胃切除を組み合わせた集学的治療は有望な治療法の一つである。当科ではS-1+PTX経静脈・腹腔内併用療法を考案し,第Ⅰ相試験により推奨投与量を決定し,第Ⅱ相試験において1年全生存割合78%,生存期間中央値(MST)23.6か月という成績を得た。また,2011年までに本療法を実施した100例の初発例のうち,腹膜播種に著効が確認された62例に対して胃切除を施行し,安全性を確認するとともに,MST 34.5か月という成績を得た。現在,本療法をS-1+CDDP併用療法と比較する第Ⅲ相試験(PHOENIX-GC試験)を実施中である。全生存期間における優越性が証明され,PTX腹腔内投与の保険収載につながることが期待される。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻10号 2013年10月号トップへ

【総説】

▶胃癌腹膜播種の克服をめざした集学的治療戦略…石神 浩徳ほか

このページの先頭へ