現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


悪性グリオーマの集学的治療の現状と展望

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10825_13
著者:
渋井壮一郎
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.33MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Present Status and Future Prospects of Multi-Disciplinary Therapy for Malignant Gliomas

Summary
 The prognosis of malignant gliomas is poor. The 5-year survival rate of patients with glioblastomas is still less than 10%. It is difficult to cure this disease by a single treatment modality, and thus, the use of multi-disciplinary therapy mainly comprising surgery, radiotherapy, and chemotherapy is necessary. Malignant gliomas invade the adjacent brain tissue; however, it is well known that greater the extent of tumor resection better is the prognosis. Maximal resection is very important, and various procedures such as intraoperative navigation, evoked potential, photodynamic diagnosis, intraoperative magnetic resonance imaging(MRI), and awake surgery are performed to preserve speech and motor function in patients. According to a phase Ⅲ trial by the European Organization for Research and Treatment for Cancer(EORTC), the standard therapy for glioblastomas is radiotherapy with concomitant administration of temozolomide; however, the median survival time is only 14.6 months. Multi-institutional, cooperative trials are necessary for the development of more effective and safe standard therapy.

要旨
 悪性グリオーマの予後は不良であり,特に膠芽腫の5年生存割合は未だに10%に満たないのが現状である。この治療困難な疾患に対しては,単一の治療法での治癒は見込めず,手術,放射線,化学療法を効率的に組み合わせた集学的治療が必須といえる。元来,浸潤性に発育するために手術的に全摘することは不可能であるが,切除割合が高いほど予後の改善を認めるため,悪性グリオーマに対しても可及的最大限の摘出をめざすことは重要である。一方,脳機能温存の工夫も行われており,術前検査のみならず,術中のナビゲーション,誘発電位,光線力学診断,術中MRIさらには覚醒下手術などにより,言語機能,運動機能などの保護を図っている。手術的に摘出不能な腫瘍浸潤部に対しては放射線治療が有効である。EORTCからの発表に基づき,テモゾロミド併用の化学放射線治療が現在の標準治療となり,ニトロソウレアを用いていた時代に比べ,膠芽腫の治療成績は確実に改善されたが,その生存期間中央値は14.6か月とまだまだ不十分である。より有効な治療法を確立していくためには,国内においても多施設共同臨床試験を進めていく必要があり,今後導入されてくる分子標的薬などの新規治療薬なども積極的に取り入れていく必要がある。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻10号 2013年10月号トップへ

【特集】脳腫瘍に対する治療の現状と展望

▶悪性グリオーマの集学的治療の現状と展望…渋井壮一郎

このページの先頭へ