現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


悪性グリオーマに対する放射線治療の現状と展望

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10826_13
著者:
寺原 敦朗
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.89MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Current Situation and Future Prospects of Radiotherapy for Malignant Gliomas

Summary
 Prognosis of malignant gliomas remains poor, although adjuvant radiotherapy increases survival time. To improve treatment outcomes, high-precision radiotherapy techniques such as three-dimensional conformal radiotherapy, stereotactic irradiation, intensity modulated radiotherapy, and charged particle radiotherapy have been developed for dose distribution optimization and dose escalation. Improvements in clinical outcomes with these new treatment strategies have been reported; however, the efficacy of these treatment strategies has not yet been verified in randomized trials. Further development of radiation delivery techniques, including boron neutron capture therapy, and ways of achieving more adequate target volume delineation using modern multimodality imaging technology are currently being intensively investigated to further improve patient outcomes.

要旨
 悪性グリオーマに対して,放射線治療により生存期間の延長は得られているものの,生存率はまだ低く,そのさらなる向上をめざした試みが行われてきた。三次元原体照射や定位放射線照射,強度変調放射線治療,粒子線治療といった高精度照射技術を用いた線量分布の改善および線量増加がその一つの手段として試みられており,期待される結果はでてきているものの,明らかな有用性を証明するには至っていないのが現状である。さらなる照射技術の改善や画像診断の進歩による照射範囲設定や線量分布の最適化,また一方で中性子捕捉療法の発展に期待がもたれる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻10号 2013年10月号トップへ

【特集】脳腫瘍に対する治療の現状と展望

▶悪性グリオーマに対する放射線治療の現状と展望…寺原 敦朗

このページの先頭へ