現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


グリオーマに対する薬物療法の現状と展望

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10827_13
著者:
若林 俊彦、夏目 敦至、藤井 正純
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.93MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Chemotherapy for Malignant Gliomas: An Update

Summary
 Gliomas account for approximately 30% of all brain tumors and are thus the most common primary tumors of the central nervous system(CNS). Despite treatment with aggressive surgical resection, chemotherapy, and radiotherapy, high-grade(WHO gradesⅢ and Ⅳ)malignant gliomas, especially glioblastoma(GBM), the most common glioma in adults, kill patients within a median time span of a year after diagnosis.
 In Japan, alkylating agents such as 1-(4-amino-2-methyl-5-pyridiminyl)methyl-3-(2-chloroethyl)-3-nitrosourea(ACNU)and methyl-6-[3-(2-chloroethyl)-3-nitrosoureido]-6-deoxy-alpha-D-glucopyranoside(MCNU)have been used to treat malignant gliomas for a long time; however, this treatment provides few clinical benefits.
 Temozolomide(TMZ), an oral alkylating agent, has been demonstrated to possess antitumor activity against malignant gliomas with minimal additional toxicity; furthermore, a previous study found that treatment with TMZ significantly prolonged median survival time. In 2006, TMZ was certified as the treatment agent for malignant gliomas by the National Ministry of Health and Welfare of Japan. It is now used as first-line therapy. However, its clinical outcomes depend on the O6-methylguanine-DNA methyltransferase(MGMT)status, and MGMT modification is one of the key factors to deriving greater clinical benefits in the future.
 Combination therapy with TMZ and other antitumor drugs, especially anti-vascular endothelial growth factor(VEGF)antibody(Avascin), has been aggressively investigated for treating gliomas. Some of these drugs have been studied in experimental animal models and advanced to clinical trials. These studies suggest that combination therapy with TMZ and other antitumor drugs might further improve the clinical outcome of malignant gliomas as compared to TMZ plus radiotherapy.
 Based on these data, the next step will be to carry out phaseⅡ to Ⅲ clinical studies to improve treatment of malignant brain tumors further.

要旨
 2006年9月に本邦にて使用可能となったテモゾロミド(temozolomide: TMZ,テモダール)は悪性神経膠腫に対して有効率の高い薬剤であるが,有効症例でも治癒には至らず,再発はほぼ必発である。TMZへの耐性を示す症例は腫瘍組織におけるO6-methylguanine-DNA methyltransferase(MGMT)遺伝子プロモーターのメチル化と関連性があり,今後,TMZを中心とする併用化学療法を展開するに当たり,MGMTを有効に不活化させる戦略やMGMTを枯渇させる方法などが検討されている。たとえば,TMZ 150 mg/m2/dayの7日間連続投与7日間休薬(dose dense regimen),75~100 mg/m2/dayの21日間連続投与7日間休薬(metronomic regimen)など,低容量で長期間投与し,総投与量を1.4~2.1倍に増加させて,MGMTを枯渇させ効果を高めようとする試みがされている。また,各種薬剤との併用では,cisplatin,carboplatinum,BCNU,CCNU,CPT-11,thalidomide,cis-retinoic acid,tamoxifen,marimastat,IFN-α,IFN-βなどが試みられている。特に最近は,分子標的薬剤との併用療法が注目されつつあり,2013年6月に本邦でも認可された血管新生因子阻害剤bevacizumab(抗VEGF製剤)との併用に期待がかかっており,現在,全世界での第Ⅲ相国際共同治験の結果報告待ちの状態である。また,2013年1月にはニトロソウレア系薬剤[カルムスチン(carmustine,BCNU)]の脳内留置型wafer(Gliadel: ギリアデル)の初発および再発悪性神経膠腫への適応が本邦で認可され,現在,手術現場で多用されている。しかし脳内留置型BCNUは,その有効性を示す報告はまだ少なく,今後,膠芽腫を含む悪性神経膠腫に対する前方視的な臨床試験の実施が必要である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻10号 2013年10月号トップへ

【特集】脳腫瘍に対する治療の現状と展望

▶グリオーマに対する薬物療法の現状と展望…若林 俊彦ほか

このページの先頭へ