現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


転移性脳腫瘍の集学的治療

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10828_13
著者:
田部井勇助、宮本 信吾、鈴木 一郎
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
7ペ-ジ
ファイル容量:
1.95MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Multidisciplinary Approach to Management of Patients with Brain Metastases

Summary
 The incidence of brain metastases has increased over time as a consequence of an increase in the overall survival of patients with various types of cancer and the improved detection by magnetic resonance imaging(MRI). In this study, the guidelines and evidence for the radiotherapeutic, surgical, and chemotherapeutic management of patients newly diagnosed with brain metastases have been reviewed. For patients with good prognosis(expected survival, ≥3 months)and single brain metastases(>3-4 cm)in whom safe complete resection is possible, whole brain radiotherapy(WBRT)and surgery(level 1)should be considered. Another alternative is surgery and radiation boost to the resection cavity(level 3). For single brain metastases(<3-4 cm)that are not resectable, WBRT and radiosurgery, or radiosurgery alone should be considered(level 1). For selected patients with a limited number of multiple brain metastases(all<3-4 cm)and good prognosis(expected survival, ≥3 months), radiosurgery alone, WBRT and radiosurgery, or WBRT alone should be considered(level 1). However, data from recent clinical trials have shown that adjuvant WBRT after radiosurgery or surgery for a limited number of brain metastases reduces intracranial relapses and neurologic deaths but fails to improve the duration of functional independence and overall survival. Many clinical studies have reported the effectiveness of molecular targeted therapies for brain metastases. Gefitinib or erlotinib should be considered for the treatment of asymptomatic patients harboring activating epidermal growth factor receptor(EGFR)mutations. Lapatinib should also be considered for the treatment of patients with brain metastases from human epidermal growth factor receptor(HER)-2-overexpressing metastatic breast cancer. In Japan, the intravenous administration of bevacizumab is currently being used for the treatment of symptomatic radiation necrosis of the brain.

要旨
 近年の切除不能進行癌に対する化学療法の進歩,分子標的薬の導入による進行癌患者の予後の改善とMRIをはじめとする画像診断の進歩により,転移性脳腫瘍の発見頻度は増加していると考えられる。本稿では,転移性脳腫瘍に対する放射線治療,手術,化学療法に関するガイドラインとエビデンスを概説する。単発脳転移で3か月以上の予後が想定される場合,3~4 cm以上の場合は手術+全脳照射(level 1)あるいは摘出腔のブースト照射(level 3)を,3~4 cm未満の場合は定位放射線治療単独あるいは全脳照射+定位放射線治療を考慮する(level 1)。多発転移に対しては,3か月以上の予後が予想される場合,少数個の転移で3~4 cm未満の場合は,定位放射線治療単独あるいは定位放射線治療+全脳照射,全脳照射単独のいずれかを考慮する。ただし近年の臨床試験で,手術および定位放射線治療後の全脳照射の追加により頭蓋内制御は改善するものの,生存期間だけでなくPSが低下するまでの期間も差がないことが明らかになった。脳転移に対する分子標的薬の有効性が多く報告されている。無症候性の非小細胞肺癌でEGFR変異陽性の患者に対してはgefitinibまたはerlotinibを,またHER2陽性の乳癌の患者に対してはlapatinibの使用を考慮すべきである。現在,症候性放射線壊死に対するbevacizumab静脈内投与の臨床試験がわが国で進行中である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻10号 2013年10月号トップへ

【特集】脳腫瘍に対する治療の現状と展望

▶転移性脳腫瘍の集学的治療…田部井勇助ほか

このページの先頭へ